役者

アン・ハサウェイの映画おすすめランキング10選|2020年最新作から過去の名作まで

「プリティ・プリンセス」(2001)のプリンセス役でデビューし、「プラダを着た悪魔」(2006)で大ブレイク、そしてついに「レ・ミゼラブル」(2012)でオスカーを獲得しトップ女優へと。

時にはラブコメの主人公、時にはミュージカル映画で歌唱力を披露し、さらにある時は宇宙飛行士になったりと、どんな役もこなしてしまうアン・ハサウェイは、圧巻の演技力を持つ人気女優です。

そんな魅力がたくさんあるアン・ハサウェイの出演映画のおすすめ10選を100人にアンケートをとって聞いてみました!その結果をランキング形式でご紹介します。また、彼女の経歴やエピソードも最後にまとめてあるので、どうぞお楽しみください。

アン・ハサウェイのおすすめ映画10選

ベスト10:インターステラー

2014年に公開された「インターステラー」は、「インセプション」や「ダークナイト」を手がけたクリストファー・ノーラン監督によるSF超大作です。

地球は壊滅状態で人類は滅亡の危機にある近未来で、人類を救うべく立ち上がった12人の宇宙飛行士が重力の謎に挑みます。その中の一人、アメリア・ブランド博士を演じたのがアン・ハサウェイです。主人公のジョン・クーパー(マシュー・マコノヒー)やマン博士(マット・デイモン)らとともに人類存続の最後の希望となったブラックホールの研究に乗り出します。

宇宙の真っ只中で重大な決断をしなければならない時に、愛の未知なる力を信じるアメリアを力強い演技で表現しています。

ベスト9:プリティ・プリンセス

アン・ハサウェイの映画デビュー作にして主演作でもある「プリティ・プリンセス」。

普通の内気な女子高生のミア(アン・ハサウェイ)は、ある日突然、祖母から自分がヨーロッパにあるジェノヴィア王国の王女であることを伝えられます。そんなミアは王女としてふさわしい立ち振る舞いを学ぶために「プリンセス教育」を受けることになります。

ミアが冴えない少女から大変身して美しくなるシーンや色とりどりの衣装など、ディズニーらしい可愛らしい映画になっています。最近また続編の話が出ているようなので、前作から18年がたったアン・ハサウェイがどのように演じるのかが楽しみですね。

ベスト8:オーシャンズ8

世界中で大ヒットした「オーシャンズ」シリーズのリブート版である本作は主要キャストを全員女性にしたことで、公開前から大きな注目と期待が寄せられていました。

今度は、前作でジョージ・クルーニーが演じたオーシャンの妹、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が7人の女性の犯罪のプロを集めてチームを作り、ニューヨーク最大のファッションショー・メットガラを狙います。アン・ハサウェイが演じたのは、オーシャンらが狙うネックレスを身につけるターゲットのハリウッド女優、ダフネ・クルーガー。今回アン・ハサウェイが扮するわがままで空気の読めないハリウッド・スターの役どころはなかなか新鮮です。

ベスト7:ラブ&ドラッグ

「ラブ&ドラッグ」は製薬会社の営業マンと若年性パーキンソン病を患う女性の恋を描いたラブ・コメディーです。

巧みな話術でセールスマンをやるジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、かなりの女好きです。そんなジェイミーが一目惚れするのがマギー(アン・ハサウェイ)です。お互いいつも通り体の関係だけで終わるはずだったのですが、次第に本気で惹かれ合うようになる二人なのでした。

原作はノンフィクションの本である本作では、持病のせいで他人と関係を築くことを恐れているマギーをアン・ハサウェイが好演しています。

ベスト6:レイチェルの結婚

アン・ハサウェイ演じるキムは、子供の頃に薬物依存でハイになっていた時に交通事故を起こしてしまい、まだ幼かった弟を殺してしまったことに自分を責め、罪悪感を抱えながら生きています。

自分が引き起こしてしまった事故のせいで家族はバラバラになり、リハビリ施設に入っていたキムは、姉のレイチェルの結婚式に出席するために施設から家に帰りますが、まだ深い傷から癒えていない家族と向き合うことができませんでした。

苦悩に満ちたキムをアン・ハサウェイが見事に演じきっています。無言のシーンでもその孤独さや後悔を繊細な表情で表現し、圧巻の演技を見せてくれています。2008年に製作された本作でアン・ハサウェイはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

ベスト5:ブライダル・ウォーズ

ラブコメの女王とも呼ばれたケイト・ハドソンとすでに人気女優の座を確立していたアン・ハサウェイのダブル主演で話題を呼んだ痛快なラブコメディー映画「ブライダル・ウォーズ」。

二人の大親友リヴ(ケイト・ハドソン)とエマ(アン・ハサウェイ)は、会場側の手違いで同じ日に同じホテルで結婚式の予約が入ってしまいます。どちらも譲ることはできず、周りも巻き込んでの大ゲンカとなります。

結婚式前の不安な気持ちや婚約者との揺れる関係、そして何より女同士の友情がコミカルに描かれています。

ベスト4:マイ・インターン

「プラダを着た悪魔」の続編とも呼ばれたこの作品はアン・ハサウェイ演じるファッション・サイトを運営する会社の社長、ジュールズがシニア・インターンとしてやってきた70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)と出会って人生が変わる話です。

会社を成功に導いたジュールズは順調な生活を送っているようでしたが、ある時、仕事場とプライベートの両方で大きな問題が立ちはだかり、決断を迫られます。そんな時、唯一心を開くことができたのが誠実で温かい人柄のベンだったのです。

「プラダを着た悪魔」とはまた違った魅力が詰まった、働く女性に勇気を与えてくれる作品です。

ベスト3:アリス・イン・ワンダーランド

「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)は、ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」の後日談としてティム・バートン監督のもとで製作されました。

アン・ハサウェイは白の女王に扮して、アリスを導いていく役を演じました。

最後の不思議の国での冒険から13年たち、19歳になったアリスはまた穴に落ち、不思議の国へ迷い込みます。赤の女王によって支配されている不思議の国を取り戻すために、アリスはマッド・ハッターや白の女王の力を借ります。

ティム・バートンらしい幻想的で独特な世界観と豪華キャストによる個性的なキャラクターたちが見どころです。

ベスト2:レ・ミゼラブル

アン・ハサウェイがアカデミー賞助演女優賞を獲得したことでも話題となった本作は、フランスの文豪ビクトル・ユーゴーによる同名の小説を原作とした大人気のミュージカルの実写化です。

パンを盗んだことで19年も牢屋に入れられたジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は仮出所し、正しい道を歩むことを決心しましたが、腐れ縁の警官ジャルベールから逃れるために逃亡生活を続けていました。そんな時、娘のコゼットを養うために必死に働き、しまいには髪の毛や歯、そして身まで売ってしまう女性、フォンティーヌ(アン・ハサウェイ)に出会いますが、身も心もボロボロになった彼女は息を引き取ってしまいます。そうして、ジャン・バルジャンはコゼットを育てることになるのでした。

社会から見捨てられながらも娘への愛がゆえに全てを捧げたフォンティーヌの悲嘆と愛情を見事に捉えたアン・ハサウェイの演技は圧巻です。

ベスト1:プラダを着た悪魔

アン・ハサウェイのおすすめ映画ベスト1に選ばれたのは、アン・ハサウェイの代表作とも言える「プラダを着た悪魔」(2003)。

ジャーナリスト志望で服のことな何も知らないアンディは業界トップのファッション雑誌「ランウェイ」の編集部に飛び込んでしまい、ファッション界に絶大な影響力をもつ鬼編集長のミランダのアシスタントになります。

初めはファッションに興味もなく、取るに足らないものとして見ていたアンディはミランダの厳しい指導のもと横暴な態度を取られながらもアシスタントとして働くにつれ、ファッション界の面白さに少しずつ気づき始めます。そして、そんなアンディをミランダも徐々に認め、信頼するようになります。

野暮ったいアンディがだんだんファッションの世界について学び、自らのファッションセンスも磨いていくシーンは必見です。

ミランダが見せる力強い女性像やアンディの私生活と仕事とのバランスやそこに生まれる葛藤、そしてアンディの下す最後の決意、と働く全ての人の背中を押してくれる映画です。

アン・ハサウェイという女優

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anne Hathaway(@anne_hathaways)がシェアした投稿

名前:アン・ジャクリーン・ハサウェイ

出生:1982年11月12日 アメリカ合衆国

身長:170cm

「プリティ・プリンセス」での映画デビューの前に「ゲット・リアル」というテレビドラマで主役に抜擢されています。

大ヒットした「プリティ・プリンセス」シリーズでは主役の王女様を演じることで、一躍人気女優に仲間入りしたのですが、すっかりプリンセスのイメージがついてしまったせいで、その後はなかなかいい役に恵まれなかったそうです。

しかし、名作映画「ブロークバック・マウンテン」に出演したことで転機が訪れ、代表作の「プラダを着た悪魔」では同世代の女性たちからの絶大な支持を得て、アイドル女優のイメージから脱却しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anne Hathaway(@anne.hathawaypics)がシェアした投稿

アン・ハサウェイといえば、いくつになっても変わらない、大きな眼が特徴的な、美貌で知られていますが、実は役作りには徹底的に取り組む面もあります。

「ダークナイト ライジング」でキャット・ウーマンを演じる際はストイックな肉体改造をし、「レ・ミゼラブル」のフォンティーヌ役のためには10kgもの減量をし、長く伸ばしていた髪の毛もバッサリと切りました。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

TheButterflyGirl(@lilbutterflygarden)がシェアした投稿

100人に聞いた、ハリウッド女優、アン・ハサウェイのおすすめ出演映画についてまとめました。

ラブコメ、SF映画、さらにはミュージカルまで、幅広い演技力をもつアン・ハサウェイの魅力がつまった10作品です。

ぜひ、お楽しみください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。