役者

ジュリアロバーツの出演映画おすすめ10選|2020年最新作から過去の名作まで

ハリウッドで最も稼ぐ女優と言われたこともある名女優、ジュリア・ロバーツ。

大きな口を開けて笑う華やかな笑顔と素晴らしいスタイルがトレードマークの、ハリウッドを代表する演技派美人女優の1人です。

ジュリアは役者となった兄、エリック・ロバーツの影響で役者を目指し、当初はドラマのゲスト出演などの小さな役をもらっていましたが、1988年に映画デビューを果たします。

その翌年、「マグノリアの花たち」に出演してゴールデングローブ賞助演女優賞を獲得して注目を浴び、1990年にリチャード・ギアと共演した「プリティ・ウーマン」で世界的な人気女優の立場を確立しました。

当記事では、そんな彼女のおすすめ出演作について100人にアンケートをとった結果をランキング形式で発表します!最後には彼女の最新の近況もご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

ジュリア・ロバーツのおすすめ映画10選

ベスト10:オーシャンズ11

オーシャンズ11です。近年ではサンドラ・ブロック主演でオーシャンズ8が公開され大いに話題を呼びましたが、元祖オーシャンズと言えばやはりこちら。

ジュリアの役所は主人公、ダニー・オーシャンの元妻。ダニーが未練タラタラになるのも理解できる、完璧な美貌の才女を演じました。若き日のジュリアと、ジョージ・クルーニーの美しすぎるツーショットを拝むためだけにこの映画を見るかたもちらほら。他にもブラッド・ピットやマット・デイモンなど豪華すぎる役者陣が魅力的な、ラスベガスを舞台にした痛快なクライムコメディです。

ベスト9:マグノリアの花たち

街の美容室を中心に繰り広げられる、女たちの人生の物語です。ジュリアが演じたシェルビーは、糖尿病のため子供を運ではならないと言われた若い女性。しかし彼女は愛する人と結婚し、妊娠します。母のマリンや彼女を取り巻く女性陣は心配したり喜んだり。

命の危険があっても子供を産みたい女性の願いと、娘に生きていてほしい母の願い。

いつの時代にも共通する、「幸せってなんだろう」という不変の問いに一つの答えを示してくれる。そんな映画です。

ベスト8:ノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルで書店を営むウィリアム(ヒュー・グラント)は昔はハンサムだったものの妻に振られ、寂しい毎日を送っていました。そんな彼の平凡な書店に、なんと有名女優のアナ(ジュリア)が現れ、偶然のアクシデントの為彼女はウィリアムのアパートを訪れます。2人は次第に親しくなり、富も名声も持って幸せそうに見えたアナもまた、有名女優としての苦悩を抱えて生きる1人の女性であることが見えてきます。

有名女優と一般人の恋を描いた名作です。ヒューのなんとも頼りなさげな雰囲気と、華やかながらも苦しんで生きている女優を演じたジュリアが心を通わせていく過程がなんとも心温まり、「人生一体どこで何が起きるかわからない」を表現したとも言えるロマンスストーリーです。

ベスト7:モナ・リザ・スマイル

脚本はヒラリークリントンの自伝からインスパイアされたと言われる作品です。1953年、夢と希望を持って名門大学に着任した美術教師キャサリン(ジュリア)は、自分の思い描いたリベラルとは程遠い、保守的な学校と生徒たちに直面します。

米国でも良妻賢母が求められた時代に、女性の立場や生き方を指導しようとした女性教師の姿を描いた感動の物語です。

ベスト6:幸せの教室

トム・ハンクスとジュリア・ロバーツの共演で話題になりました。トム演じるラリーは「大卒ではない」という理由で長年勤めたスーパーを解雇され、大学へ戻ります。

そこで出会ったスピーチクラスの女性教師メルセデス(ジュリア)は、夫との仲がうまくいかず、仕事へのやる気を失っていました。

人生どんずまった2人が教室を通して新たな幸せを見つける、「人生は何度でもやり直せる」を教えてくれるコメディドラマです。

ベスト5:ワンダー 君は太陽

子育てに悩む世代にとっては1位であろう、ハンデを背負う子をもつ母の愛を描いた感動のドラマです。

オーガストは病気が原因で顔が変形しており、幼いことから何度も手術を乗り越えてきました。容体が安定し、学校に通えるようになりますが、周りの子供たちから顔のことでいじめられ、塞ぎ込んでしまいます。母のイザベル(ジュリア)は彼を心から心配しますが、我が子の素晴らしさが周りの子供に認められることを絶対に諦めず、あの手この手で彼を励まし行動を促します。そんな家族からの暖かい応援を受け、オギーは少しずつ行動し、周りの子供たちもそんな彼から大切なことを学び始めます。

子供が学校でいじめられるという親からすると最悪の状況。それをいかに乗り越えるべきか。本当にやるべきことは何なのか。多くを教えられる、家族みんなで見たい映画です。

ベスト4:シークレット・アイズ

ラブストーリーの主人公や、美しい主人公の妻がおきまりのポジションであるジュリアしかしらないなら、この映画を見て彼女がやはり演技派女優であることを思い知るでしょう。2009年制作のアルゼンチン映画、「瞳の奥の秘密」のハリウッドリメイク版です。

ジュリアが演じたのはロサンゼルスに暮らす、ジェス・コブ捜査官。ある日起きた事件の現場にいったジェスと同僚のレイ・カステン捜査官(キウェテル・イジョフォー)は、事件の被害者がジェスの最愛の娘、キャロリンであることを知ります。犯人逮捕に執念を燃やす彼らは怪しい男を逮捕しますが、彼は証拠不十分で釈放に。ジェスは悲しみで自暴自棄になります。しかしそれから13年。驚きの真実が明らかに…

娘を失った女性の執念と狂気を激しく演じたジュリアの、新たな一面に驚愕すること間違いなしな作品です。

ベスト3:プリティ・ウーマン

多くの人がジュリア・ロバーツと言ったら思い浮かべるのが、このプリティ・ウーマンではないでしょうか。

ロサンゼルス・ハリウッドでコールガールとして生計を立てる女性、ヴィヴィアン(ジュリア)と、富豪ビジネスマンのエドワード(リチャード・ギア)のラブストーリーです。大金持ちと娼婦という、ありがちな立場の違いすぎる恋を描くストーリーですが、その魅力は何と言っても恋するヴィヴィアンのくるくる変化する表情。女は恋に落ちるとこうも変われるのかと感心するほど、あっという間に素敵なレディにと変化していきます。

派手な外見に隠された素直で可憐な乙女の姿が世界で愛される、ジュリア・ロバーツの名を世界に轟かせた名作ラブストーリーです。

劇中で流れる主題歌も大ヒットしました。

ベスト2:ベン・イズ・バック

ジュリア・ロバーツのキャリア最高傑作と評する評論家も多数いたという、ジュリア・rロバーツの最新作です。

テーマは「薬物依存症の子供と、その家族」。今のアメリカの社会問題を色濃く映し出したテーマとなっており、大きな反響を得ました。

薬物依存更生施設から抜け出してきた息子ベンを暖かく迎えるホリー(ジュリア)ですが、ベンの父親と妹は激しく動揺します。一度薬物に犯されると、社会からの目、そして自分の中に湧き上がる抑えきれない薬への依存が、その人生をがんじがらめにし、また家族も巻き込まれます。

日本ではあまりなじみのないテーマですが、タバコ、ギャンブル、アルコールなど依存症は様々。その恐ろしさと家族の葛藤を深く刻み込んだ作品となっています。

ベスト1:エリンブロコビッチ

プリティ・ウーマンやノッティングヒルに隠れてあまり日本では知名度がありませんが、十リア・ロバーツの魅力が最大限に引き出されているのがこの作品です。彼女は本作で、アカデミー賞主演女優賞に輝いています。

ジュリア扮するエリンは、セクシーなミニスカートがトレードマークの元ミスコン女王。2度の離婚歴と3人の子供をもつ彼女は無学、無職、しかも貯金はわずか16ドル。貧困の中で死に物狂いで得た職は弁護士事務所の事務職ですが、品のない物言いと派手な見た目から職場でも浮き気味に。そんな中、ある公害訴訟に関わることとなります…

下品、だけど根性ありで愛嬌があって最高にキュートなこの役所は、ジュリアにしか演じられないと感じるはまり役でした。

しかもこの話、実際の出来事を元にしたドキュメンタリーということで、より説得力があります。どんなに苦しくても、諦めなければ人生は開けると教えてくれる本作は、仕事に恋に、家庭に悩む女性たちに元気をくれる傑作です。

ジュリア・ロバーツという女優

 

この投稿をInstagramで見る

 

Savoir Flair(@savoirflair)がシェアした投稿

名前:ジュリア・フィオナ・ロバーツ

出生: 1967年10月28日 アメリカ合衆国

身長:175cm

兄のエリック、姪っ子のエマ・ロバーツの役者としての人生を歩んでいる演技派ファミリーの出であり、デビュー当初から演技力を高く評価されたアメリカを代表する女優です。

若かりしころの美貌は今でも健在で、大きな口と目を目一杯広げて笑う華やかな笑顔はハリウッドの華。また若い頃からキーファー・サザーランドとの婚約破棄騒動や、現夫ダニエル・モダーとの不倫略奪婚などなど、ゴシップでも世間を賑わわせてきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

G U A L T E R(@gualtermax)がシェアした投稿

洋画好きなら知らぬ人はいない、アメリカを代表する女優です。

若かりし頃はプリティウーマン 、プリティプリンセスなどなど、可愛い女の子役が中心でしたが、近年は悩む中年女性の姿や子供を愛する母の姿を体現するなど、年齢を重ねても全く需要が減らず。現在は子育てでも忙しい中、1、2年に一度は主役級作品に出演を続けています。

2018年のベンイズバック以降出演がありませんので、そろそろ新作の話が聞こえてくる頃かもしれないですね。

まとめ

100人に聞いた、ハリウッド女優、ジュリア・ロバーツのおすすめ出演映画についてまとめました。

超有名な代表作から意外な名作まで、幅広く揃っていますので、ここでジュリアの魅力を再確認したいならぜひ見返してみるもよし、新たなタイトルに挑戦もよし。

ぜひ、楽しんでください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。