ネタバレ

バック・トゥ・ザ・フューチャーのあらすじネタバレと感想|キャスト紹介も

この記事では、SF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のあらすじとネタバレ、豪華キャストについてご紹介します。

主演マイケル・J・フォックス、公開後全米で「フューチャー現象」というブームが起こるほど大ヒットしました。

王道のストーリー、わくわくする魅力的な音楽、今見ても十分楽しめる名作です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの作品詳細情報

公開:1985年12月7日(全米公開1985年7月3日)

原題:Back To The Future

上映時間:116分

監督:ロバート・ゼメキス

製作:ユニバーサルスタジオ

出演者:マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド/トーマス・エフ・ウィルソン他

ユニバーサルスタジオが製作した傑作SF映画。

高校生のマーティが、親友のドクが開発したタイムマシンで過去にタイムスリップしてしまい、現代に帰るため過去のドクと協力しながら、困難に立ち向かっていく物語です。

公開された当初はこの作品で完結される予定だったが、のちにビデオソフト化された際、エンディングに「TO BE CONTINUED」(つづく)というテロップが入れられました。

これは、元々「マーティ達の人生はこれからもつづく」という意味で入れられたのですが、これを見た人達から続編希望が殺到し、急遽続編の製作が決定されました。

その後「パート2」「パート3」と製作され、大ヒットを記録。

今でも人気があるハリウッドを代表する映画の一つとなりました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーのあらすじ

高校生のマーティ・マクフライは、ロックがスケボーが大好きで、トヨタ・ハイラックスに憧れる好青年です。

彼女のジェニファーとも仲がよく、楽しい毎日を送っていました。

ある日、親友で科学者のエメット・ブラウン博士(通称ドク)の頼みで深夜のショッピングモールの駐車場で、タイムマシンの実験の手伝いをすることになります。

タイムマシンは、スポーツタイプの乗用車「デロリアンDMC-12」をドクが改造したものです。

実験は10月26日1時20分に行われます。始めはドクの愛犬アインシュタインをデロリアンに乗せ、1分後の1時21分にタイムスリップすることになりました。

実験は無事成功し喜びを爆発させるマーティとドクでしたが、ドクがタイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するために騙したリビアの過激派の襲撃にあいます。

襲撃の中ドクは、機関銃の凶弾に倒れてしまいます。

ドクの死を悲しんでいる間もなく、同じく命を狙われたマーティは、とっさにデロリアンに乗り込んでしまいます。

駐車場内をデロリアンで逃走していたマーティでしたが、誤ってシフトレバーを動かす際に肘でタイムスリップの装置のスイッチを入れてしまい、30年前の1955年11月5日にタイムスリップしています。

30年前にタイムスリップしてしまい、慌てるマーティでしたが、すぐに現代に戻ろうとします。

しかしタイムマシンのプルトニウムが底をついてしまい、タイムスリップすることができません。

そこで、マーティは1955年のドクに会い、未来に帰る手助けをしてもらおうと考えます。

すぐにドクに会うことができたのですが、タイムマシンの話をしても信じてくれません。

そこでマーティは、持っていたビデオカメラに残っているタイムトラベル理論を思いついたきっかけなど、当時のドクしか知らなかったことを話します。

その話を聞き、マーティがタイムスリップしてきたことを信じたドクは、未来に帰るために協力することを約束します。

しかしタイムスリップできるだけのプルトニウムを手に入れるのが難しく、他の方法を考えることなります。

その時、マーティがたまたま持ってきたチラシに書かれていた、1955年11月12日22時4分にヒルバレー裁判所の時計台に雷が落ちることを知ります。

ドクは、この落雷の雷の電力を使って、タイムマシンを稼働させマーティを未来へ帰すことを思いつきます。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末を知りたくない場合は飛ばしてください。

しかし、もう一つ大きな問題があります。

1955年はマーティの父ジョージと母ロレインが、結婚のきっかけを得た年でした。

そのきっかけというのが、ロレインの父がジョージを車ではねてしまい、交通事故の救護のために自宅に運びこまれたジョージにロレインが一目惚れすることでした。

ところが、ジョージが車ではねられそうになったところをマーティが助け、代わりにマーティが車にはねられてしまいます。

そのため自宅に運び込まれるのがマーティに変わってしまい、あろうことか若き母ロレインは、未来の息子マーティを好きになってしまうのです。

このままでは未来が変わって父ジョージと母ロレインが結婚せず、マーティが産まれなかったことになってしまい、存在自体が消滅してしまうのです。

1955年11月12日時計台に落雷があり、マーティが未来に帰る運命の日。

さらにその日は、父ジョージと母ロレインが「魅惑の深海パーティー」でキスをした大切な日でした。

マーティはロレインから「パーティーに一緒に行ってほしい」と誘われてしまいますが、ジョージを説得し2人がパーティーで仲良くなれるように作戦を考えます。

いよいよパーティー当日。

予定通りロレインと2人きりになったマーティは、ジョージが来るのを待っていました。

しかしそこにジョージの宿敵ビフ・タネンが現れロレインを自分のものにしようとします。

嫌がるロレインを助けるため、ジョージは勇気を振り絞り渾身の力を込めてビフを殴り倒しました。

それがきっかけで、ジョージとロレインは恋に落ち、マーティの存在が消滅することなくなりました。

パーティー会場から時計台に到着したマーティは、ドクに自身が殺されてしまう未来のことを書いた手紙を渡そうとします。

しかしドクは「未来のことを知るとろくなことが無い」という考えから手紙を破り捨ててしまいます。

結局ドクに伝えることができなかったマーティは、諦めてデロリアンに乗り込みます。

ケーブルが外れてしまうアクシデントもありますが、ドクの助けによりギリギリのタイミングで、デロリアンに雷の電力を流すことに成功、マーティは無事未来に帰ることができました。

マーティはドクが襲撃される11分前「1985年10月26日1時24分」に帰還することに成功し、急いでドクを助けに行こうとしますが、デロリアンがエンストしてしまいます。

仕方なく走って襲撃現場に向かうのですが、あと一歩のところで間に合わずドクが撃たれてしまいます。

ドクを助けることができず泣き崩れるマーティ。その後ろでドクが目を覚まします。

驚くマーティの前でドクは、着ていた防弾チョッキを見せ、さらにテープで貼り合わせた手紙をマーティに渡します。

それは、30年前にマーティが渡した手紙でした。

ドクは手紙を読み自分の未来を知っていたのです。ドクが助かり、2人はともに喜びを分かちあいました。

マーティを家に送り届けると、ドクは30年後の未来へ行くと旅立っていきました。

翌朝マーティが目を覚ますと、家の様子が変わっていることに気づきます。

アルバイトだった兄が、スーツを着て仕事に行ったり、母ロレインはスレンダーで美しくなっていたり、父ジョージは自信に満ち溢れています。

宿敵のビフは、お手伝いとして車にワックスにかけています。

30年前に父ジョージがビフを殴り倒したことで、臆病な性格を克服し小説家として成功していたのです。

その後たまたま家に遊びにきた、恋人のジェニファーとの再会を喜んでいるマーティの前に、デロリアンに乗ったドクが現れます。

ドクは、未来で重大なトラブルが起こっているから一緒に来てほしいと、マーティとジェニファーに頼みます。

戸惑う2人を乗せ、デロリアンはタイヤを折りたたむと空中に浮き、そのまま空へと消えていきました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

璃瑩 Li Ying(@aoitakara_81)がシェアした投稿

タイムスリップの映画は数多くありますが、構成、テンポ感、音楽、どれもとっても上質で最高のエンターテイメント作品です。

始まりから終わりまで、ハラハラワクワクが止まらず、約2時間の上映があっという間に過ぎてしまいます。

個人的にパーティーでマーティがエレキギターを弾きまくるシーンが印象に残っています。

様々な奏法でエレキギターを弾きまくる場面を始めて見た時は、衝撃でまばたきを忘れるぐらい見入ってしまいました。

そこから雷でデロリアンをタイムスリップするシーンへの流れも素晴らしく、ラストのデロリアンが空へ消えてしまう場面まで、ドキドキが止まらなかったことを覚えています。

ここまでCG技術が発達した今見ても、全く見劣りせず子供から大人まで誰もが楽しめる作品です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーのキャストは?

マーティ・マクフライ役(マイケル・J・ファックス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shibata Hiroyuki(@4848tencho)がシェアした投稿


主演のマイケル・J・フォックスは、バック・トゥ・ザ・フューチャー撮影当時、ドラマと掛け持ちだったため、朝6時から撮影開始、深夜2時に帰宅という生活を繰り返していました。

それだけの苦労があったからこそ、素晴らしい作品になったのだと思います。

30歳からパーキンソン病を患いますが、病と闘いながらドラマなど出演しています。

クリストファー・ロイド(ドク役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#クリストファーロイド #hbd

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿 –

ドク役のクリストファー・ロイドは、バック・トゥ・ザ・フューチャーの大ヒットで一躍有名になり、その後が数多くの映画、ドラマに出演しています。

映画「アダムスファミリー」のフェスタ・アダムス役も当たり役となり、大ヒットしました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーで共演したマイケル・J・ファックスとは、他の作品でも共演しています。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@xiaoyemi4781がシェアした投稿

ハリウッド映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のあらすじ、キャストについてご紹介しました。

内容、音楽、どれをとっても見ごたえのある素晴らしい作品です。

興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。