ネタバレ

クレイジーリッチはなぜヒット?ネタバレあらすじとキャスト|ラスト結末も

この記事では、ロマンティック・コメディ映画「クレイジー・リッチ!」のあらすじネタバレと感想、豪華キャストについて紹介します。

2018年に公開された本作は、アメリカ映画でありながら主要キャストにアジア系の俳優のみを起用して話題になりました。

制作チームのこの決断はハリウッドに多様性をもたらすものとして、大いに称賛されました。

クレイジー・リッチ!の作品詳細情報

公開:2018年9月28日(全米公開2018年8月15日)

原題:Crazy Rich Asians

上映時間:120分

監督:ジョン・M・チュウ

製作:アイヴァンホー・ピクチャーズ SKグローバル・エンターテインメント

出演:コンスタンス・ウー/ヘンリー・ゴールディング/ジェンマ・チャン/リサ・ルー 他

シンガポールの超リッチな人々の恋愛模様をダイナミックに描くラブコメディです。

ケビン・クワンが自らの経験を基にして書き上げた小説の映画化作品で、ケビン・クワン自らが製作総指揮を務めています。

本作は批評家から絶賛され、全米で大ヒットしました。

クレイジー・リッチ!のあらすじ

1995年のロンドン、雨が降る中、高級ホテルにアジア系の親子が到着しました。

女性は「エレノア・ヤン」と名乗って、スイートを予約していると言いますが、ホテル側は「予約は入っておりません。満席です」と拒否されてしまいます。

あげくに「チャイナタウンでも散策されては?」と言われてしまいました。

「電話くらいお借りしても?」と女性は尋ねますが、ホテル側から、外の公衆電話に行ってくれと言われます。

するとホテルのエレベーターから、カルソープ卿があわてて飛び出してきました。

カルソープ卿は「今、ご主人と話したよ。私は代々所持した事業を手放す。このホテルの経営権はシンガポールのヤン家が買ったので、今日からオーナーは彼女だ」とホテルの従業員たちに伝えます。

唖然とする従業員を前に、ヤン家の親子は悠々とエレベーターに乗り込んでいきました。

場面は2018年のニューヨークに変わります。

ニューヨーク大の経済学の教授であるレイチェル・チュウは、恋人のニック・ヤンから「親友の結婚式に出席するため、故郷のシンガポールに帰るが、一緒に来ないか」と誘われます。

そのときに、両親にも紹介しておきたいからと言うニックの言葉に、レイチェルはうなずきました。

そんな2人の姿を「ラジオ女」と呼ばれるゴシップ好きの女がSNSで拡散します。

そのせいで、ニックとレイチェルが結婚するという噂が瞬く間に、広がってしまい、それがシンガポールのニックの母親にも伝わってしまいます。

シンガポールに向かう日、飛行機に搭乗すると、専任のバトラーが待機する超豪華なVIP席に案内され、レイチェルは初めてニックが、大変なお金持ちであることを知ります。

レイチェルは、初めてのアジア旅行に胸をときめかせながらも、ニックの家族に会うことに緊張していました。

シンガポールに着くと、ニックの親友のコリン・クーとフィアンセのアラミンタ・リーが出迎えてくれました。

4人は、シンガポールの屋台で、飲んだり食べたりして、楽しい時を過ごします。

一流ホテルで一泊した翌日、レイチェルは、付添人の打ち合わせがあるというニックと別れて、大学時代の友人、ペク・リン・ゴーの自宅に行きます。

ペクも裕福な家の娘でしたが、ペクは独特なファッションセンスと、冴えたトークをする個性的な女性でした。

レイチェルとペクは久しぶりの再会を喜びます。

ペクはレイチェルが母親に選んでもらったドレスにダメ出しをし、自分のクローゼットからドレスを選び渡してくれました。

レイチェルは、ペクの運転する車でニックの家に行くことにします。

着いてみるとそこは、迷子になるような広大な土地に立つ、大豪邸でした。

ニックは、アジア屈指の不動産王の御曹司だったのです。

レイチェルは、ニックの家族と初めての対面をしますが、驚くことばかりでした。

コリンの結婚前に行われるバチェラーパーティーの会場はなんと海上に浮かぶタンカーの甲板です。

水着姿の女性が大勢集まり、派手な音楽が鳴り響いていました。

主役のコリンは「親友とビールを飲んでサッカーできればよかったんだけど」と苦笑いを浮かべていました。

ニックはコリンと2人で、隙をみてヘリコプターで会場から脱出します。

ヘリコプターから筏にうつった2人は、そこでくつろいでいましたが、コリンがニックに「君は将来は家に戻る身だ。レイチェルは、ニューヨークを愛している。立派な仕事も持っている。君と結婚すれば毎日が闘いになるんだぞ」と語りかけます。

コリンは、ニックとレイチェルのことを心配しているのです。

その頃、レイチェルは、アラミンタから「バチェロレッテ・パーティー」に招待されていました。

レイチェルは、そこで彼女に嫉妬する女性たちから、様々な嫌がらせを受けてしまいます。

レイチェルは、富豪の財産を狙う悪役扱いされたことに怒ります。

その後コリンと戻ってきたニックに、レイチェルはなぜ家のことを今まで話してくれなかったのかと聞きました。

ニックは「君は僕の家族のことを聞こうとしなかった。そこが他に人と違うところなんだ。君といる僕が好きだ。自分勝手だったよ。これからは2人で戦う」と答えます。

ニックはレイチェルを本当に愛しているのです。

しかし、ニックの母親も祖母もレイチェルをニックの嫁にすることを認めようとしませんでした。

ニックの母親自身も、結婚する際に大変な苦労をしたことを打ち明け、レイチェルには無理だと厳しい言葉を投げかけます。

すっかり落ち込んだレイチェルは、ペクに「式に出たくない」と愚痴をこぼしますが、ペクはビビってるだけだとレイチェルを叱咤し、最高のドレスとスタイリストを用意してくれました。

コリンとアラミンタの結婚式当日、見違えるほど美しく着飾ったレイチェルに、人々は驚きます。

しかしニックの母親から、同じ列に座ることを拒否されてしまいますが、レイチェルは負けじと、前の席に座りました。

その様子を遠くから見ていたニックは、レイチェルを頼もしく思い、微笑みました。

素晴らしい結婚式は無事に終わりましたが、ニックの母親がレイチェルの身辺調査をしたことがわかり、レイチェルはとてもショックを受けます。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末を知りたくない場合は飛ばしてください。

レイチェルは、父親は早くに亡くなったと、母親から聞かされていたのですが、ニックの母親が調査した結果、父親は生きていて、中国にいること、母親は父親を置き去りにして勝手にアメリカに行ったことを教えられます。

驚くレイチェルでしたが、勝手に身辺調査されたことに腹を立て、ニックの母親とけんか別れしてしまいます。

落ち込んでしまったレイチェルはペクの家で世話になっていましたが、突然母親がニューヨークからやってきます。

ニックが呼んでくれたのです。

母親は事情を話してくれました。

夫は暴力をふるうひどい男だったこと、そんなとき昔の同級生が支えてくれたこと、そして同級生との間に生まれたのがレイチェルだったこと、しかしそのことが夫に知られたら殺される、同級生に迷惑をかけないためにアメリカに行かなければならなかったことなど、全てをレイチェルは聞きました。

ニックは自分の母親がしたことを謝り、「家族は大切だけど、もうかばわない。僕は家族を捨てる。2人で暮らそう」と言い、指輪を取り出します。

ニックの言葉を聞いたレイチェルは、もう一度ニックの母親と話したいと言い、麻雀の席にニックの母親を呼びだしました。

レイチェルは、何故自分が最初から嫌われていたのかと、尋ねます。

ニックの母親は「あなたがアメリカ人だからよ。アメリカ人は自分の幸せだけを考えている。中国人には長い間守られてきたものがあるのよ。家のために生きなくてはならないの」と答えました。

レイチェルは、ニックから求婚されたことを告げ「ニックは家族を捨てると言っていました。でも断りましたよ」と言います。

ニックの母親は、ホッとしたようでした。

レイチェルは「私を選べば、家族を失う。家族を選んでもニックはあなたを憎みます。ニックを愛しているから、二度とあなたを失わせたくない。ニックがあなたが認める人と結婚して、あなたが将来月下美人の咲くころに小鳥が鳴き、孫と遊ぶ時が来たら思い出してください。私のおかげです。名もない移民のおかげだと」とニックの母親に告げ、その場を後にします。

レイチェルは、ペクに別れを告げ、母親と一緒にニューヨークに戻るため、飛行機に乗っていました。

その時ニックが彼女を追ってきます。

ニックは、レイチェルに指輪を差し出し「僕と結婚してください」とプロポーズしました。

その指輪は、ニックの母親が指につけていた結婚指輪でした。

ニックの母親がレイチェルを認めた証です。

レイチェルは、大喜びしニックに抱きついて、プロポーズを承諾するのでした。

その後、ニックとレイチェルの婚約を祝した盛大なパーティーが開かれます。

そこには、ニックの家族や親戚、ペクとレイチェルの母親も参加していました。

そして、ニックの母親もパーティーに来ており、会場の隅からニックとレイチェルを見ています。

ニックの母親に気づいたレイチェルは微笑みながら、彼女を見つめ、物語は幕を閉じます。

クレイジー・リッチ!の感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keihiro Kanyama(@keihirokanyama)がシェアした投稿


まさにシンデレラストーリー的な物語で、ハリウッドのラブコメの王道をゆく、誰でも楽しめる作品です。

個人的に驚いたのは、登場人物がヒロインを除き皆、大金持ちだと言うことです。

飛行機のゴージャスなファーストクラス、ヴェルサイユ宮殿とトランプ大統領のトイレを模した友人の屋敷、車でも迷ってしまうくらいの大豪邸など、スケールの大きさが魅力です。

しかも、このどれもが嫌味に感じることがない、あっけらかんとした豪華絢爛に描かれていて爽快でした。

クレイジー・リッチ!のキャストは?

レイチェル・チュウ役(コンスタンス・ウー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shigeko Taylor(@nailsbyshige)がシェアした投稿


バージニア州リッチモンド出身で台湾系アメリカ人であるコンスタンス・ウーは、2015年にテレビドラマのコメディシリーズで、知られるようになり、2017年には「世界の最も影響を与えた100人」の1人に選出されました。

本作では、ゴールデングローブ賞映画ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞にノミネートされ、高評価を獲得しました。

ニック・ヤン役(ヘンリー・ゴールディング)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Henry Golding(@henrygolding)がシェアした投稿


マレーシア出身のヘンリー・ゴールディングは、テレビタレントや司会者、モデルとして、マレーシアやシンガポールを中心に活動していました。

本作では、主人公の恋人役に大抜擢され、俳優デビューを果たしました。

その後は、多くの映画に出演し大活躍しています。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中(@popo___moon)がシェアした投稿


ロマンティック・コメディ映画「クレイジー・リッチ!」のあらすじについて紹介しました。

王道のラブコメディ映画であり、誰もが楽しめてパッピーになれる素敵な作品です。

興味のある方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。