ネタバレ

映画「ゴーンガール」のラスト結末とネタバレ感想|サイコパス度がヤバイ!どんでん返しの最後とは

この記事では、サイコスリラー映画「ゴーン・ガール」のあらすじネタバレと感想、豪華キャストについて紹介します。

本作は、2012年発表されたギリアン・フリンによる同名小説を基にしています。

第52回ニューヨーク映画祭でプレミア上映されると、好意的な評価を受け大ヒットしました。

ゴーン・ガールの作品詳細情報

公開:2014年12月12日(全米公開2014年10月3日)

原題:GONE GIRL

上映時間:149分

監督:デヴィッド・フィンチャー

製作:ニュー・リージェンシー・ピクチャーズ

出演:ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/タイラー・ペリー 他

結婚5年目を迎えたおしどり夫婦が、妻の失踪からゆるやかに崩壊していく様を描いています。

信頼関係の崩壊、過激な報道、金銭問題にさらされる夫婦の姿を描きながら、結婚の本質とは何か強く問いかける意欲作です。

本作は、アメリカのバークレーで発生した実際の事件を、モデルとしていることでも知られています。

ゴーン・ガールのあらすじ

7月5日、アメリカのミズーリ州で、ニック・ダンは妻エイミー・エリオット・ダンとの結婚5年目の記念日を迎えていました。

夫婦は、結婚記念日にはエイミーから、いつもクイズ形式のプレゼント交換を行うことを決めていました。

それは「記念日の宝探し」と呼ばれています。

その日朝、ニックは双子の妹・マーゴの店「ザ・バー」へ行きます。

マーゴと結婚記念日の宝探しの話をして盛り上がったニックが帰宅すると、家が施錠されておらず、リビングのガラステーブルが割れていることに気付きます。

不審に思ったニックは、通報すると、女性刑事のボニーと若い男性ギルピン巡査がやってきました。

事情聴取を受けたニックは、ミズーリ州に住み始めて1年10ヶ月であり、それまではエイミーとともに、ニューヨークで暮らしていたと話します。

ニックの母親が末期の乳がんであることがわかり、夫婦でニックの故郷ミズーリ州に、引っ越してきたのです。

ボニー刑事は、部屋を見て回り、不自然な場所に付箋をつけていきます。

キッチンには血痕が散っていました。

ボニー刑事は、エイミーが「あのエイミー」だと知り驚きます。

実はエイミーは、全米の誰もが知る、有名人物だったのです。

エイミーの母メアリーベス・エリオットは、人気児童文学の作家で、エイミーをモデルにした「完璧なエイミー」という作品を書いていました。

その作品は、エイミーの成長につれ、作品のエイミーも成長していくので、エイミー自身も有名になっていました。

警察で詳しい聴取を受けたニックは、自分が現在、カレッジ文芸講座を教えていること、エイミーは無職の専業主婦で、友人らしき友人もいないと答えます。

警察の事情聴取が終わったニックでしたが、現場検証のため、家に入ることができません。

仕方なく双子の妹マーゴの家に厄介になります。

マーゴは「エイミーの身に、いかにも起こりそう」と言いました。

マーゴは、エイミーのことを快く思っていませんでした。

警察は現場検証の結果、ニックの家のキッチンの床に血痕をぬぐいさった跡があることを見つけます。

さらに、家も車も、マーゴの経営する「ザ・バー」もすべてエイミー名義であることがわかりました。

ボニー刑事は、ニックが妻のエイミーを殺害し、遺体をどこかに隠したのではないかと疑います。

7月6日エイミーの失踪1日後。

エイミーの両親も駆けつけ、マスコミの前で大々的に記者会見が開かれました。

記者会見の場で、ニックはエイミーの写真の前で撮影し、記者から「笑顔で」と言われ、つい笑顔を浮かべてしまいます。

このことが後々大きな波紋を呼ぶとは、ニックは思ってもいませんでした。

記者会見の後、ショーナ・ケリーという女性がニックに話しかけ、強引にツーショット写真を撮ります。

ニックは、写真を削除するよう求めますが、ショーナは取り合わず去って行きました。

記者会見場に来ていたボニー刑事は、ニックに自宅の下着の引き出しにあった「ヒント1」という手紙を渡します。

文面を読んだニックは、急いで自宅に戻り、書斎にて「ヒント2」の手紙を見つけますが、ボニー刑事にそのことを隠します。

手紙と一緒に書斎に、赤い下着があり、それはニックの浮気相手の物だったのです。

ニックは、浮気相手のことがばれることを恐れ、ボニー刑事に隠すことにしたのです。

7月7日エイミー失踪2日後。

警察にエイミー失踪対策本部が設置され、ニックはそこに顔を出します。

その際、周囲の警察官が自分を冷ややかな目で見ていることに気付きました。

エイミーの失踪報道は、大きな波紋を呼んでおり、ニックが記者会見場で笑顔を浮かべたこと、キッチンに血痕が残されていたこと、ショーナがアップロードしたツーショット写真などすべてが、報道で悪く受け止められていました。

警察を含めた世間では「エイミーはニックに殺害された」と思っていました。

それを証明するようにテレビ報道では、ニックが社会病質者だと、報じられてしまいました。

その夜、マーゴの家にいたニックの元に、浮気相手のアンディ・フィッツジェラルドがこっそり会いに来ます。

ニックは今2人で会うのは、まずいと思いつつも、身体の関係を持ってしまいます。

7月8日エイミー失踪3日後。

朝、浮気相手のアンディは、誰にも気づかれないように、マーゴの家を出て行きますが、マーゴにそれを見られてしまいました。

マーゴは、ニックを詰問し、アンディはニックの教え子で1年半前から関係が続いていることを白状させます。

うまくいっているように見えたニックとエイミーの夫婦でしたが、実際はそうではありませんでした。

ニックは、エイミーの都会的センスについていけず、疲れてしまっていました。

さらにニックが子供を早く作りたいと言っても、エイミーから待ってくれと言われてしまい、ニックは結婚生活にうんざりしていたのです。

それが原因で、アンディと浮気をしてしまったのです。

その夜、エイミーを案じる会合が開かれました。

そこでもニックは、疑われてしまいます。

ニックは、自分の潔白を証明しようとスピーチしますが、隣人のノエルから「彼女が妊娠していたと、知っていたの?」とヤジられてしまいました。

スピーチが失敗してしまったニックは、逃げるようにその場を去ります。

その直後、会場に来ていたボニー刑事に呼び止められたニックは、再び事情聴取を受けました。

ボニー刑事はニックに、エイミーの生命保険の受取金額が引き上げられていたこと、ニックのクレジットカードの請求金額が高額であることを指摘しました。

ニックは、保険金額の引き上げはエイミーが望んだことであり、クレジットカードの買い物なんて知らないと答え、ボニー刑事の事情聴取を逃れます。

ボニー刑事は、ニックの犯行の証拠をなんとかしてつかみたいと考えていました。

そんなとき、ニックが父親の家を訪問していたという情報を掴み、怪しみ、ニックの父親の家に入りこみます。

そこでボニー刑事は、地下室の暖炉の奥で、燃えかけの日記を見つけます。

その日記は、エイミーが書いたものであり、かつて幸せだった結婚生活が崩壊していく様子や、不況で仕事を失い、さらにニックの母親がガンになったためエイミーは愛するニューヨークから引っ越さなければならなかったこと、引っ越し先では友人もできず、孤独に苦しんでいたことが書かれていました。

しかも、ニックが教え子と浮気していること、母親が亡くなり荒れ始めたニックから暴力を振るわれていたこと、エイミーが命の危険を感じ銃を購入しようとしていたこと、妊娠していることがわかったが、子供を拒否していたニックに殺されてしまうかもしれないとまで書かれていました。

しかしこれは、エイミーがニックを陥れるために用意した、嘘の日記でした。

その頃、ニックとマーゴは、マーゴの家の薪置き場に、ゴルフクラブやゲーム機などが置かれているのを見つけます。

それらは、ニックのクレジットカードで買われたものでした。

その瞬間ニックは「エイミーが仕掛けた罠」だと確信します。

実は、ニックが結婚5年目に用意していたプレゼントは「離婚」でした。

それと同じものを、エイミーも用意していたのだと、ニックは痛感します。

ここから場面が変わり、7月5日失踪当日からのエイミーの行動が描かれます。

7月5日の朝、エイミーは、怠け者で浮気症の夫・ニックに対し「ふさわしい罰を与えよう」と考えていました。

そのために着々と準備を始めていました。

まず、ノエルを含めた地元女たちと友達になります。

仲良くなるため、レモネードを振舞ったり、妊娠を告白したりしました。

さらに、妊娠の判定をもらうため、妊婦の尿をこっそり取り、産婦人科に自分の尿と偽り、提出します。

自宅の犯行現場を偽装するため、エイミーは自分の腕から血を抜きました。

それをキッチンに撒いて拭き、あたかも証拠隠滅のように、装います。

ニックの疑いを強めるため、嘘の日記も300日分書き溜めていき、完成すると日記を、ニックの父親の家の暖炉の奥に、燃え残ったかのように見せかけて、置いておきます。

全ての準備が整ったエイミーは、車で姿を消しました。

その途中で店に寄り、トイレで髪の毛を切り、さらに髪を染めて日用品の買いだめもします。

その後、身を隠すためのモーテルに行き、チェックインしました。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末を知りたくない場合は飛ばしてください。

モーテルに入ったエイミーは、最後の仕上げとして、鏡の前でハンマーで自分の左目を殴ります。

これにより、暴力を振るわれて逃げてきた女性に見せかけたのです。

あとは人目を避けてやり過ごせば、エイミーの計画は成功します。

エイミーは計画成功のため、カレンダーに緻密な予定を書き込んでいました。

しかるべき時に証拠を出し、自分を殺した証拠でニックを死刑に追いやろうと、考えていたのです。

7月6日失踪1日後。

エイミーは、モーテルの隣の部屋にいる女性グレタに話しかけられます。

関わりたくないエイミーでしたが、無視することもできず「ナンシー」と名乗ります。

その後プールサイドでくつろいでいたエイミーでしたが、グレタから「ナンシー」と呼びかけられました。

しかし、エイミーは、すぐに気づくことができず、グレタから怪しまれてしまいます。

さらにエイミーは、サングラスをかけていましたが、左目の痣に気付かれてしまい、とっさに洗面所にぶつけたと答えますが、男に暴力を振るわれたと受け止められます。

7月7日失踪2日後。

エイミーは、出先でインターネット検索をし、自分が失踪扱いになっていることを知ります。

同時に夫ニックが会見に臨み、その後マスコミに叩かれている様も見ました。

エイミーの計画通り、事件は進んで行きます。

7月8日失踪3日後。

マスコミが騒いだおかげで、エイミーの作戦はほぼ成功していました。

しかし、それを見ながらエイミーは、腹立たしいことを思い出していました。

エイミーは、以前ニックが浮気相手のアンディと、キスをしているところをたまたま見てしまったのです。

ニックが浮気をしたこともショックでしたが、何よりもニックが自分と初めてキスした時と、同じ仕草を浮気相手にもしていたことがショックでした。

他の女性と同じ扱いを受けたことが、なによりもエイミーは、許せなかったのです。

ここからは、ニックとエイミーの様子が同じ時系列で描かれています。

7月9日失踪4日後。

エイミーに嵌められたと気づいたニックは、報道番組で唯一ニックに同情的で、頭のきれる黒人弁護士タナ―・ボルトに会いに行きます。

そこでタナ―に、自分の弁護士になってくれと頼みます。

タナ―は、ニックが来ることを予期していたように、10万ドルを要求しました。

タナ―は、すでに過去にエイミーによって、被害を受けた男性2人を調べていました。

1人は、8年前にエイミーに訴えられた男性トミー・オハラです。

ニックはトミーに会いに行き、8年前エイミーの策略にはまり、レイプ犯にされ逮捕されたこと、レイプの次は殺されるのではという恐怖を感じた話を聞きました。

トミーの話を聞いたニックは、2人目のデジー・コリングスに会いに行きました。

デジーは、ストーカーとして接近禁止命令を言い渡されていました。

デジーの家で話を聞こうとしたニックでしたが、デジーは答えず、門前払いされてしまいます。

同じころ、エイミーは、グレタの部屋で、テレビ番組を見ています。

グレタは、エイミー失踪の報道番組を見て「お高く止まった女、殺されても自業自得よ」と言いました。

その言い方に、エイミーは腹を立て、グレタの飲み物にこっそり自分の唾を入れます。

その番組では、ニックとマーゴの近親相姦説まで出ており、いい頃合いだと思ったエイミーは、自分の部屋に戻り「マーゴの家の薪小屋のそばで」とだけ警察に通報しました。

一方その頃、ボニー刑事は、発見した日記を何度も読んでいるうちに、不自然だと感じ始めていました。

あまりにも都合がよすぎるタイミングで証拠をが見つかることに、ボニー刑事は訝しく思っていました。

反対に、相棒のギルピン巡査は、証拠が出てきたことで、ニックが犯人であると思いこみます。

7月10日失踪5日後。

弁護士のタナ―の問いに対し、ニックは正直に、洗いざらい話しました。

タナ―は、エイミーが仕組んだものだと確信し、エイミーを見つけるため、元シークレットサービスを2人雇い、探させます。

一方のエイミーは、グレタとゴルフのパッティングを楽しんでいました。

グレタは、エイミーの正体こそ見破っていませんが、わけありだとわかっています。

その夜、エイミーが自分の部屋で所持金を数えていると、ドアがノックされます。

驚いたエイミーは、警戒しながら外を見ましたが、誰もいませんでした。

7月11日失踪6日後。

弁護士のタナ―は、自分から正直に話すことで、世間に与えるイメージが違うから、ニックに浮気相手のことを先に話せと言いました。

タナ―は、さらに報道キャスターのシャロン・シーパーを味方につけろと言います。

ニックは、シャロンの独占取材に応じる形で、なるべく好印象を持つようなインタビューの予約を取り付けます。

エイミーは、グレタに金を持っていることがバレてしまい、グレタの男友達に奪われてしまいます。

このことはエイミーにとって、計算外であり、ショックを受けたエイミーは、途方に暮れます。

7月12日失踪7日後。

タナ―とマーゴが入念に打ち合わせをし、ニックが浮気についてどう答えるかを、決めていた矢先、エイミーの両親が先に浮気相手のアンディを見つけ出してしまいます。

その結果アンディが先に記者会見を行ってしまい、ニックたちの計画は寸前で破綻しました。

逃亡資金をグレタに奪われたエイミーは、接近禁止令が出された高校時代のボーイフレンドのデジーに会いに行きます。

そこで流産したことや夫に暴力を振るわれていることを話し、デジーに泣きつきます。

デジーは、エイミーにまだ未練があったため、自分の別荘で匿うことにします。

デジーは、エイミーの「殺されそうになったから逃げた」という嘘を信じ、今度こそエイミーが自分のものになると喜びます。

7月13日失踪8日後。

シャロンによるニックの独占取材が、放送されました。

先にアンディが記者会見を開いたことで、不利だったニックでしたが、エイミーを今も愛していることと浮気を正直に認め、誠心誠意謝罪しました。

これを見た世間は、もしかしたらニックも被害者で、エイミーは誰かに誘拐されたのかもと思うようになっていきます。

その番組を見ていたエイミーは、深い満足感を味わいます。

ニックが全面降伏したと感じたエイミーは、優越感にひたりますが、今度はデジーが邪魔になってしまいます。

番組の直後、マーゴの薪小屋で証拠を見つけた警察が、ニックを逮捕しました。

7月26日失踪21日後。

デジーが邪魔になったエイミーは、少しずつ自分が監禁されているかのような証拠を作り始めます。

この日、ニックは釈放され、弁護士のタナ―に迎えられます。

8月3日失踪29日後。

エイミーは、ワインボトルを使い、自分がレイプされたかのように性器を傷つけます。

さらにデジーを誘惑し、身体の関係に持ち込むと、射精させ、そしてデジーの首をナイフで切りました。

8月4日失踪30日後。

デジーの車を使って、デジーの血を浴びた下着姿のまま、エイミーは、わざとマスコミが大勢集まっている自宅に戻ってきます。

行方不明だったエイミーが、現れたことで、マスコミは大騒ぎになりました。

エイミーは、デジーに誘拐され、別荘に監禁されてしまい、何度も暴行を受けていたと証言します。

しかしボニー刑事は、エイミーの証言の矛盾点に気付き指摘しますが、エイミーに巧みにかわされてしまいました。

また事件の捜査がFBIに移ってしまったため、ボニー刑事は、手を出すことができなくなってしまいます。

戻ったきたエイミーと口裏を合わせていたニックでしたが、嫌気をさしてきます。

ニックは、今回のことが落ち着いたら離婚しようと思いますが、エイミーから「それは利口なやり方ではない」と言われてしまいました。

最早エイミーを気味の悪い存在にしか思えなくなったニックは、自室に鍵をかけました。

8月5日帰宅1日後。

何事もなかったかのように、日常生活を送るエイミーの姿を見て、ニックは恐ろしくなります。

8月9日帰宅5日後。

全てを知る弁護士のタナ―は、エイミーが戻ってきたことで問題は解決した判断し、ニックの元を去ります。

今回の騒動で、ニックとエイミーのところに多くの仕事のオファーがきました。

本の出版やテレビ化、そして事件の最も身近な存在だったためか、マーゴの店も繁盛しています。

9月9日帰宅5週間後。

ニックは、まだ家の外にマスコミがいるため、仕方なくエイミーと仲の良い夫婦を演じました。

9月23日帰宅7週間後。

ニックが逃げようとしていることに気付いたエイミーは、新たな手を打ちます。

エイミーは、ニックに妊娠したと告げます。

エイミーは、不妊治療を受けた際のニックの精子を使ったのです。

怒りが頂点に達したニックは、衝動的にエイミーの頭を壁に打ち付けてしまいます。

しかし、前から子供を望んでいたニックは、子供に対して責任も感じます。

マーゴから大反対されますが、ニックはエイミーとの結婚生活を続けること決意しました。

テレビの取材を受けたニックとエイミーは、その場で妊娠したことを告白します。

祝福ムードで迎えられる中、ニックとエイミーは、手をつなぎテレビの前で、幸せな夫婦の振りを装っていました。

ここで物語は幕を閉じます。

ゴーン・ガールの感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emi(@movi_e93)がシェアした投稿

 

エイミーとは、いったいどんな女性だったのか、何を考えているのか、最後の最後まではっきりとはわかりませんでしたが、それは考えることが本作の魅力です。

前半約1時間は、ニックが犯人なのか、誘拐なのか、あるいは自作自演の失踪なのか、どれにも可能性がありストーリーにどんどん引き込まれていきました。

そのあとのコロコロと転がるように展開していくスピード感のある展開は見事です。

ショッキングな映像がありますが、大人が十分に楽しめるおすすめの一本です。

ゴーン・ガールのキャストは?

ニコラス・ダン役(ベン・アフレック)

 

この投稿をInstagramで見る

 

yoshlkawa akitoshi(@eigaoyaji)がシェアした投稿


アメリカ出身のベン・アフレックは、俳優だけでなく脚本家、映画監督や映画プロデューサーとしても活躍しています。

身長192㎝もあり、多くのかっこいい好青年の役を演じてきたベン・アフレックですが、本作では、浮気を繰り返すうだつの上がらないダメ夫のニックを熱演し、話題になりました。

エイミー・エリオット・ダン役(ロザムンド・パイク)

 

この投稿をInstagramで見る

 

mochibun_1011(@mochibun_1011)がシェアした投稿


イギリス出身のロザムンド・パイクは、大学在学中にアーサー・ミラーやシェイクスピアなどの舞台やテレビで活動を始め、多くの映画や舞台で活躍します。

本作では、夫のニックを追い詰める妻を演じ、アカデミー賞を始め、ゴールデングローブ賞など多くの主演女優賞にノミネートされ、高い評価を得ました。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kenshin(@wisteriabook_dr.lecter)がシェアした投稿


サイコスリラー映画「ゴーン・ガール」のあらすじについて紹介しました。

うだつの上がらない夫ニックと狂気の妻エイミーを通して、夫婦とはいったいどんな存在なのかを我々に問いかけている良作です。

興味のある方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。