ネタバレ

映画「あと1センチの恋」のあらすじネタバレとラスト結末|女優俳優など豪華キャストも

この記事では、「あと1センチの恋」のあらすじとネタバレ、キャストについて紹介します。

いつも近くにいるはずなのに、なかなか実らない「すれ違いの恋模様」を描いた、「あと1センチの恋」。

この映画をまだ観ていない方も、好きな方も、是非読んで、参考にしてみてください。

あと1センチの恋の作品詳細情報

公開:2014年12月13日(全英公開2014年10月22日)

原題:Love, Rosie

上映時間:104分

監督:クリスチャン・ディッター

製作:コンスタンティン・フィルム

出演:リリー・コリンズ、サム・クラフリン

原作は、映画化もされた「P.S.アイラブユー」で鮮烈なデビューを飾ったセシリア・アーハンの2作目「愛は虹の向こうに」です。

リリー・コリンズとサム・クラフリンのふたりが、お互い好意を抱きながらも、なかなか気持ちを伝えられない幼馴染の役柄を好演します。

すれ違いなかなか結ばれない2人の関係は、もどかしく切ないものの、どこか共感をしてしまいます。

あと1センチの恋のあらすじ

アレックスの結婚式の日、ロージーはスピーチをしながら過去を回想します。

ロージーとアレックスは6歳の時からの幼馴染で、夢も恋の悩みも常に共有する特別な関係でした。

2人の夢はイギリスを離れアメリカに渡り、ボストンの大学に一緒に進学することでした。

2人は共に励ましあいながら、夢に向かって努力します。

そんな2人は次第に、友情とは違う新たな感情を互いに抱くようになります。

しかし幼馴染である2人は、なかなか相手に想いを伝えることができません。

そんなある日、アレックスは同級生のベサニーに猛アタックされます。

ロージーはアレックスに好意を伝えられないまま、アレックスとベサニーの恋を応援します。

失恋したロージーは、辛い気持ちを埋めるため、クラス一の人気者グレッグと一夜を共にし、妊娠をしてしまいます。

そんなある日、アレックスはハーバード大学に見事合格し、ロージーにも合否を尋ねます。

ロージーはボストンの大学に合格はしていたものの、妊娠を伝えるとアレックスは心配すると考え、先に見送った後に自分も向かうと約束するのでした。

そして2人は別々の人生を歩むことになるのです。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末が知りたくない場合は飛ばしてください。

ロージーは出産後里親に出し、ボストンの大学に行こうと考えていました。

しかしお腹を痛めながら産んだ我が子の顔を見て、里親には出さず、自分の手で育てたいと思うようになります。

やがて娘はケイティと名付けられました。

そんなある日、出産を知ったアレックスが、ロージーのもとを訪ねます。

そしてロージーは子どもを出産したことや子育てのため進学を諦めたこと、グレッグとは別れたことをアレックスに正直に伝えます。

アレックスはロージーに「父親代わり」になると言いますが、現実はそうもいきません。

アレックスはすぐにハーバード大学に戻ってしまいます。

5年が経ち、ロージーは夢であったホテル経営に近づくためホテルの清掃員として働いていました。

その頃、アレックスは大学のクラスメイトのサリーと付き合っていたものの、価値観の違いからうまくはいっていませんでした。

ある日、アレックスは何でも気兼ねなく話せるロージーが恋しくなり、メールをします。

ロージーは淡い期待を抱きながら、アレックスのもとに向かいます。

再会した2人は昔のように、楽しい時間を一緒に過ごしました。

そしてアレックスはロージーを家に招待します。

アレックスの家でロージーを出迎えたのは、サリーでした。

サリーは、ロージーにアレックスの子を妊娠していることを告げます。

ロージーはアレックスが妊娠を隠していたことにショックを受けます。

そして失意のまま、元カレのグレッグに連絡をしてしまいます。

グレッグはすぐにロージーにもとに駆けつけ、やり直そうと言います。

ロージーは娘にも父親は必要だと考え、グレッグと結婚することを決めます。

その頃、アレックスはサリーの浮気が原因で別れることになり、落ちこんでいました。

さらに5年が経ち、成長したケイティはトビーという幼馴染と仲良くしていました。

2人の姿を見ていると、ロージーは自分とアレックスのようで懐かしい気持ちになるのでした。

そんなある日、ロージーの父親が突然、亡くなります。

父親の葬儀にはアレックスも駆けつけました。

そこでアレックスはグレッグが泥酔しながら式に参列しているのを見かけ、ロージーを心配します。

そしてアレックスはロージーに「もっと愛されるべきだ…」と手紙を送ります。

しかし手紙を見つけたグレッグはその手紙をロージーの目の届かないところに隠します。

そんなある日、ロージーはグレッグが浮気していることを知ります。

グレッグと別れることを決めたロージーは、グレッグの荷物を片付けていると、アレックスからの手紙がありました。

急いで開くと、手紙には「もっと愛されるべきだ…今の僕ならそれができる」と書いてありました。

ロージーは慌てて、アレックスに電話をかけると、電話に出たのはベサニーでした。

アレックスとベサニーはよりを戻し、婚約したばかりでした。

ロージーはアレックスとベサニーの結婚式で花婿付添人として出席します。

そして、ロージーは、アレックスの友人代表としてスピーチをするのです。

アレックスへの恋心を隠しながら…。

それから数年が経ち、ロージーは夢だったホテル経営を始めます。

そこにアレックスが訪れます。

そしてアレックスはロージーにこれまでずっと隠してきた気持ちを告白するのです。

あと1センチの恋をみての感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

@birseyleronersemがシェアした投稿

「あと1センチの恋」は12年間のすれ違いの恋を描いた作品です。

もう少しで手が届きそうだけど、届かない恋。

告白したいのに、それができない恋。

そんな誰もが一度は経験したことのある淡く、切ない恋模様を描いています。

「あと1センチの恋」は、今ある日常を当たり前に過ごすのではなく、大切な人に言葉で思いを伝えなさい」と教えてくれる作品です。

本作の原題は、「Love, Rosie」です。

「あと1センチの恋」では終盤、アレックスが12年間の気持ちを綴った手紙をルージーに送ります。

そこには、「今の僕なら君を愛することができる。愛を込めて、アレックスより(Love, Alex)」と書かれていました。

もしかしたらLove, Rosieと名付けられたこの映画は、アレックスのラブレターの返事であると同時に、ルージーの告白なのかもしれません。

素敵なタイトルですよね。

皆さんの大切の人は誰ですか。友人?家族?恋人?それとも片思いしている人?

たまには自分の気持ちを相手に伝えるのもいいかもしれません。

あと1センチの恋のキャスト情報

ロージー役(リリー・コリンズ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lily Collins(@lilyjcollins)がシェアした投稿

12年間、幼馴染のアレックスに恋心を抱きながらも、なかなか思いを伝えられないロージー。

ロージー役を演じるのは、リリー・コリンズです。

イングランド出身のリリー・コリンズは、幼い頃から子役や記者、モデルとマルチに活躍をし、2009年には「しあわせの隠れ場所」でサンドラ・ブロックの娘役でスクリーンデビューを果たします。

その後も、「白雪姫と鏡の女王」や「ハッピーエンドが書けるまで」、「オクジャ/okja」 (Netflix映画)など話題作に立て続けに出演する、注目の若手女優のひとりです。

アレックス役(サム・クラフリン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sam Claflin(@mrsamclaflin)がシェアした投稿

ロージーに惹かれながらも、医者になるため、別々の人生を歩むことを決意します。

アレックスを演じるのは、サム・クラフリンです。

イングランド出身のサム・クラフリンは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」や「スノーホワイト」シリーズ、「ハンガー・ゲーム2」、「チャーリーズ・エンジェル」などハリウッド超大作への出演が続き、注目を集めています。

最新作はシャーロック・ホームズの妹エノーラ・ホームズの活躍を描くNetflixオリジナル映画「エノーラ・ホームズの事件簿」です。

まとめ

「あと1センチの恋」のあらすじについて、紹介しました。

12年間のすれ違いの恋を描いた「あと1センチの恋」はもどかしくも、観る者の共感を誘います。

興味のある方は是非、一度ご覧になってください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。