ネタバレ

ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッドのあらすじネタバレと感想|キャスト紹介も

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Once Upon A Time In Hollywood(@onceinhollywood)がシェアした投稿

この記事では、「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」のあらすじネタバレと感想、キャストについてご紹介します。

1960年代のハリウッド映画界を描いた作品で、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作として注目を集めました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを無料で視聴|日本語字幕や吹替もこの記事では、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを無料で見る方法についてお伝えします。 DailymotionやPandor...

「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」の作品詳細情報

公開:2019年8月30日(全米・英公開2019年7月26日)

原題:Once Upon a Time in Hollywood

上映時間:161分

監督:クエンティン・タランティーノ

製作:デヴィッド・ハイマン / シャノン・マッキントッシュ / クエンティン・タランティーノ

出演者:レオナルド・ディカプリオ / ブラッド・ピット

知っておきたい映画の背景

1969年に起きた「シャロン・テート殺人事件」は、あるカルト集団が女優シャロン・テートとその場に居合わせた友人数人を惨殺する、という痛ましい事件です。

この映画は、シャロンが殺害された時期に向かって物語が進んでいきます。

タランティーノ監督曰く、「シャロンが辿った運命を予め知った上でこの作品を観ると得られるものが必ずある」と断言されていました。

劇中にシャロンが出てきますので、事件の経緯を頭に入れた上で鑑賞していただくと、より楽しめる作品です。

「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」のあらすじネタバレ

主人公のリック・ダルトンはかつて一世を風靡した人気俳優で、彼専属のスタントマンであるクリフ・ブースは飲酒運転で免許を失ったリックのために彼の運転手をしていました。

ある日、リックは映画プロデューサーのマーヴィン・シュワルツから、「スパゲッティ・ウェスタン」というイタリア西部劇、いわゆる「マカロニ・ウェスタン」の出演オファーを受けます。

衰退に向かっている西部劇からオファーが来る、リックは自分のキャリアが終わりに近づいていることを実感し、クリフの肩で涙を流します。

事情を聴いたクリフは「そんなに悪い話ではない。メキシコ人の前で泣くな。」とサングラスをリックに渡し、慰めました。

リックが肩を落として自宅に戻ると、1ヶ月程前に隣家に引っ越してきた女優シャロン・テートと映画監督のロマン・ポランスキーが車で帰宅しました。

それを見かけたリックは機嫌を取り戻します。クリフは愛犬のピットブルが待つトレーラーへ一人帰宅しました。

リックの隣家に住むシャロン・テートはパーティーに出かけ、楽しい夜を過ごします。

翌日、リックを撮影現場へ送ったクリフは、スタントの仕事があれば回して欲しいと頼みますが、キャスティングの担当者がランディという男だったため、別の機会に確認することを約束し、クリフに自宅のテレビアンテナの修理を頼みました。

ランディには以前、クリフをスタントで使って欲しいと頼んだことがありましたが、彼が前妻を殺害したことを理由に断られていたのです。

リックはそれが噂であること、戦争で多大な功績を残していることをランディに訴え、遂にスタントの仕事を回してもらう約束をしました。

一方、テレビアンテナの修理のためリックの自宅に向かったクリフは、ポランスキーの家に1人の男が来て、たまたま訪れていたシャロンの元恋人ジェイ・セブリングに「テリー・メルチャーに会わせて欲しい」と話すのを目撃しました。

音楽プロデューサーのテリーは1ヶ月前に引っ越しており、この家には現在ポランスキー夫妻が住んでいることを聞いた男は、静かにその場を立ち去ります。

この男こそ、シャロン・テート殺害をカルト集団に指示した「チャールズ・マンソン」だったのです。

テレビアンテナの修理を終え、ドライブをしていたクリフはヒッチハイクをしているヒッピーの少女プッシーキャットを見つけました。

行き先は彼女が仲間と共に住んでいるスパーン農場だと言います。その場所はかつてクリフも参加した映画のロケ現場でもありました。

何かおかしいと感じたクリフは、牧場の経営者であるジョージ・スパーンに会うため、プッシーキャットを乗せて牧場へと向かいます。

スパーン牧場に着いたクリフは、ジョージに会わせて欲しいとヒッピー達を説得します。

ヒッピー達が様子を伺う中、馬に乗ったテックスという男も現れ、ジョージの名前を聞くと明らかに嫌な顔をしました。

交渉の末、ようやくジョージに会うことができましたが、彼は軟禁状態で両目を失明し、記憶も曖昧な老人へと変わり果てていました。

クリフはジョージが自分のことも覚えていなかったため、帰ろうと外に出るとヒッピー達が一斉にブーイングを始めます。

乗ってきた車を見るとタイヤがパンクしており、側にはニヤニヤした男が立っていました。男は自分がやったと認めたので、クリフは彼を殴りつけタイヤを交換させました。

一部始終を聞いたテックスが駆け付けましたが、クリフは既に車で走り去っていました。

半年後、リックは出演を渋っていたイタリア映画に出演し見事成功を収め、その後数本の映画に出演した後、イタリア人の妻と共にロサンゼルスの自宅へ戻ってきました。

リックは、妻との新生活があるためクリフを雇い続けられない、自宅も売却するつもりだとクリフに打ち明けます。

クリフはそれを承諾し、二人が歩んできた日々を想って乾杯したのでした。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末が知りたくない場合は飛ばしてください。

1969年8月9日、シャロン・テートは友人達とレストランで夕食を取り帰宅しました。同じ頃、リックとクリフも外食し、真夜中近くにリックの家へ帰りました。

クリフは、以前ヒッピーからもらったLSD入りの煙草をふかし、愛犬のピットブルの散歩へと出かけましたが、途中でチャーリー信者のヒッピー達が乗った車とすれ違いました。

一方、フローズンマルガリータを作っていたリックは、外のエンジン音を聞き、ヒッピー達の車が家の前で停まっていることに気付きます。

リックは外へ飛び出し、ヒッピー達に向かって「この辺りには身分不相応だ、早く出ていけ」と怒鳴りつけました。

チャーリー信者の一人であるケイティは、リックを睨みつけながら銃を握りしめましたが、テックスの判断で一度撤退します。

ヒッピー達は、チャーリーからテリーが住んでいた家に行き、中にいる人物全員を殺害してくるよう指示されていたのです。

ケイティは先ほど自分たちを怒鳴りつけた男が、俳優であることに気付きます。そして恐ろしい考えにたどり着くのです。

「テレビは私たちに殺人を教えたのだ、殺人者を演じている俳優自身を殺すんだ」と、ヒッピー達は改めて一致団結しました。

クリフが散歩から戻り、ピットブルの餌を準備していると3人の信者が侵入してきました。テックスがクリフに銃を突きつけます。

ハイ状態のクリフはその様子を見て笑い出しますが、次第に牧場で会ったヒッピー達だと気付きました。

クリフの合図でピットブルがテックスに飛び掛かり、クリフはケイティの髪を掴を壁のあちこちに頭をぶつけ撃退します。セイディはパニックになり、外のプールに飛び込んでしまいます。

プールではリックが一人、音楽を聴き優雅に過ごしていました。セイディがプールに飛び込み、リックは一瞬驚きましたが、過去の出演作で使用した火炎放射器を倉庫から持ち出し、彼女をあっという間に焼き殺しました。

しばらくして警察が到着し、ケガを負ったクリフは病院へ搬送されました。クリフを見送ったリックに、隣家にいたジェイ・セブリングが話しかけます。

ヒッピー集団が押し入り殺されそうになったが、クリフと愛犬が2人を殺し、自分が最後の1人を焼き殺した、と彼に話しました。

すると、シャロンがリックを心配し、インターフォンから声をかけ、自宅に招待したのです。出迎えたのはヴォイテック・フライコフスキー、アビゲイル・フォルジャー、そして妊娠中のシャロンでした。

リックはヒッピー達の事件を通して、シャロン・テートと知り合うことになったのです。

「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」を観ての感想

映画の背景にあるシャロン・テート殺害事件は、前の住人に恨みを持っていたという理由だけで、その家に住んでいたシャロンと友人達が皆殺しにされた凄惨な事件です。

この映画のラストシーンは、意外にもシャロン・テートの殺害ではありませんでした。

本来のターゲットはシャロンを含むポランスキー家の住人でしたが、途中でリックとクリフにターゲットが移り、しかも二人が信者たちを撃退してしまったので結末が真逆です。

これは、もう声を上げられないシャロン達への追悼と敵討ちの意味が込められており、チャーリーと信者達への報復なのだろうと思います。

クリフの撃退シーンが清々しい程恐ろしく、またリックの火炎放射器のシーンに前振りが効き、コミカルな理由もそこにあるのでしょう。

「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」のキャストは?

リック・ダルトン役(レオナルド・ディカプリオ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇦 🇳 🇬 🇪 🇱(@loveleoso)がシェアした投稿

ディカプリオは、1997年公開の映画「タイタニック」で一躍スターへと駆け上がりました。

2016年公開「レヴェナント:蘇りし者」では、その演技が高く評価され、ゴールデングローブ賞・アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

クリフ・ブース役(ブラッド・ピッド)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Brad Pitt(@bradpittofflcial)がシェアした投稿

 

1988年公開の映画「リック」で初主演・映画デビューを同時に果たし、その後も数々のヒット作に出演しています。

また、俳優業の他にプロデューサーとしても才能を発揮しています。「マネー・ショート 華麗なる大逆転」や、意外にも「チャーリーとチョコレート工場」のような作品も手掛けています。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを無料で視聴|日本語字幕や吹替もこの記事では、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドを無料で見る方法についてお伝えします。 DailymotionやPandor...

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Once Upon A Time In Hollywood(@onceinhollywood)がシェアした投稿

今回は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」をご紹介しました。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作として注目されたこの作品は、1人の俳優、1人のスタントマン、そして女優シャロン・テートの人生とその死が絡み合う素晴らしい作品です。

最後までご覧いただきありがとうございました。