ネタバレ

名探偵ピカチュウのあらすじネタバレと感想|キャスト紹介も

この記事では、2019年公開の映画「名探偵ピカチュウ」のあらすじとネタバレ、感想やキャストを紹介します。

日本の大人気アニメ「ポケット・モンスター」シリーズを基に、ハリウッドで作られた実写映画です。

ピカチュウの可愛らしい表情と声のギャップにも注目です。

名探偵ピカチュウを無料で視聴|吹替や字幕付きで見る方法を紹介この記事では、名探偵ピカチュウを無料で見る方法にについてお伝えします。 DailymotionやPandoraなどの無料動画配信サイト...

名探偵ピカチュウの作品詳細情報

公開:2019年5月3日(米国公開:2019年5月10日)

原題:Pokemon Detective Pikachu

上映時間:104分

監督:ロブ・レターマン

製作:メアリー・ペアレント

出演:ライアン・レイノルズ/ジャスティス・スミス/キャスリン・スミス/渡辺謙 他

日本語吹き替え版:西島秀俊/竹内涼真/飯豊まりえ 他

名探偵ピカチュウのあらすじ

主人公・ティムは、かつてポケモンが大好きな少年でした。

しかし、ポケモンに関わる事件の捜査を優先し、自分を置いていった探偵の父を許せず、今はポケモンのことも好きにはなれずにいました。

ある日、保険査定員として働くティムのもとに、父の同僚だというヨシダ警部補から、父が事故で亡くなったとの報せが届きます。

報せを受けたティムは「ライムシティ」ー人間とポケモンが共存する街ーへと向かうのでした。

父の部屋で、昔のことを思い出すティムの前に、探偵帽子を被ったピカチュウが現れます。

すると、なぜかピカチュウの話す言葉がティムにだけは通じるのです。

言葉が通じることに喜ぶピカチュウと、困惑するティム。

話を聞くと、ピカチュウは、父・ハリーのパートナーで、事故により記憶を無くしてしまったというのです。

父は亡くなったと説明するティムでしたが、ピカチュウは信じません。

ハリーはまだ生きているというピカチュウの強い思いに動かされたティムは、ピカチュウと一緒にハリーを探すことを決意するのでした。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末を知りたくない場合は飛ばしてください。

ハリーの行方の手掛かりを探していたピカチュウは、ハリーの部屋で、ある薬品を見つけます。

その薬品には「R」と書かれていて、昨晩ティムとピカチュウを襲ってきたエイパムから同じ臭いがしていたことに気付いた二人は、この「R」の極秘情報を知ったためにハリーは消されたのかもしれない、という結論にたどり着きました。

ティムは、ハリーの死を不審に思い調べていたルーシーという記者に会ったことを思い出し、彼女の元を訪ねることにしたのです。

ルーシーは、ハリーを調べていく中で「R」のことは既に知っていて、港へ行けばその情報が得られるかもしれないと教えてくれます。

港へ向かったティムとピカチュウは、そこで出会った情報提供者から、「R」をばらまいているラウンドハウスの存在を知り、そこへ向かいました。

そのラウンドハウスでは違法なポケモンバトルが行われていて、「R」によって凶暴化させられたポケモンもいたのです。

凶暴化したリザードンの暴走により、ラウンドハウス内に「R」がまき散らされる中、「R」の出所は博士だという情報を得ることができました。

なんとかその場を逃げたティムとピカチュウでしたが、警察に連れて行かれてしまいます。

そこでヨシダ警部補に、事の顛末を話し、事件を再調査してほしいと頼みますが、相手にしてもらえません。

代わりにハリーの事故の映像を見せられ、ハリーは亡くなったという現実を突きつけられてしまいます。

仕事に没頭し、自分を置いていったハリーを許せないまま疎遠になってしまっていたことをティムは後悔し、ピカチュウはそれを慰めます。

そして二人は、例えハリーが亡くなっていたとしても、ピカチュウが記憶を無くした理由を突き止めようと約束するのでした。

すると二人の前に謎の女性が現れ、二人はハワードの元へと連れて来られました。

ハワードは、病気により身体が不自由ですが、自身の病気の治療法を探す中で、「ポケモンとのパートナーシップで自分自身を進化させる」ということを発見した人物です。

ハワードは二人に、「R」の調査をハリーに頼んだのは自分であり、その「R」の出所はハワードの息子のロジャーであったということを話すのです。

そして、記録映像を再現したホログラムで事故の映像を流しました。

それを見たティムとピカチュウは、ハリーがまだ生きていることを知ります。

そしてそのホログラムで、ピカチュウも事故の際に一緒にいたこと、そしてミュウツーがピカチュウの記憶を消し、ハリーを連れ去ったことが明らかになるのでした。

ミュウツーを探せば、ハリーの居場所が分かるとハワードに言われたティムとピカチュウは、手掛かりとなるロジャーと接触するために、ルーシーに会いに行きます。

ロジャーのパソコンにアクセスしたルーシーは、ポケモンの遺伝子研究施設を発見し、その施設で先週事故が起きて、全ての活動が停止した事実を突き止めていました。

研究施設で事故が起きた日は、ハリーの事故の日と同じ日。

その施設に何かが隠されていると確信したルーシーは、ティムと共に確かめに行くのです。

施設へ着いたティム達は、実験台になっているゲッコウガやドダイトスの姿を目にします。

何か手掛かりを探すティムの前に、またもやホログラムが現れました。

そこに再現されたのは、捕獲されたミュウツーと、ミュウツーから作られた「R」、精神転送装置など、施設で事故が起きるまでの映像でした。

しかし、どうしてミュウツーがハリーを襲ったのかが分かりません。

そこで、ホログラムを最初から見ることにしたティムとピカチュウは、ミュウツーを捕獲した人物がハリーであり、ミュウツーはその復讐をしたのだということを知るのです。

事実を知ったティム達を、凶暴化したポケモンたちが襲います。

ロジャーが、遠隔操作をしてポケモンたちを檻から放っていたのです。

凶暴化したゲッコウガや、巨大化したドダイトスの庭から、なんとか逃げるティム達でしたが、ピカチュウがケガを負ってしまいます。

ティムは、ピカチュウを助けてほしいとフシギダネに話しかけますが、言葉が通じません。

しかし、ティムの思いが通じたのか、フシギダネは仲間をたくさん連れ、ティムとピカチュウをある場所へと導いてくれます。

するとそこにミュウツーが現れ、ピカチュウのことを治してくれたのです。

ミュウツーは、二人のことを待っていたと言い、事件の日の出来事を蘇らせます。

それによると、あの日ミュウツーを逃がしたのはピカチュウでした。

そこまで分かったところで、ミュウツーは再びロジャーに捕獲されてしまいます。

自分が裏切者だったと落ち込むピカチュウは、ティムと別れ、あの日の事故現場へと来ていました。

そこで、ゲッコウガの手裏剣を見つけたピカチュウは、ゲッコウガがロジャーの手下で、車を襲った犯人であることに気付きます。

あの日ミュウツーは、ハリーとピカチュウを守ろうとしてくれていたのです。

全ての黒幕はハワードであることを知ったピカチュウは、ハワードの元へ向かったティムが危険だと察知して、急いでティムの元へ向かいます。

その時ティムは、すでにハワードの元へたどり着き、そしてハワードと捕えられたミュウツーの頭に付けられた精神転送装置を見るのです。

逃げる間もなく、ハワードの精神がミュウツーへと移り、ハワードは全てを話し始めました。

ハワードの狙いは、ミュウツーが持っている「錯乱状態に陥ったポケモンに人間の魂を移す力」を利用して、人類とポケモンを一つにしようというものでした。

街ではポケモンパレードが行われようとしている中、ハワードにより大量の「R」がまき散らされ、大パニックに陥ります。

どうにかハワードを止めようと、ティムとピカチュウは必死に戦い、間一髪のところで、なんとかハワードの精神転送装置を外すことに成功しました。

それによりミュウツーも元に戻り、人間とポケモンたちのことを元に戻してくれたのです。

ハワードは警察に捕まり、ロジャーは実験に使われたポケモンのケアをすることを約束しました。

今回の功績で、キャスターに抜擢され喜ぶルーシーとティムの前にミュウツーが現れ、元に戻すものがもうひとつあると告げます。

あの事件の日、ミュウツーは、ハリーの精神をピカチュウの中へ移したのでした。

探し続けている父はずっと近くにいて、ティムにだけ聞こえていたピカチュウの声は、父のものだったのです。

全てが解決して、ティムがライムシティを去る日です。

ハリーは、また会おう、と帰りの切符をティムに渡し、ハグをして二人は別れます。

しかし思いなおったティムは振り返り、しばらく一緒にいてもいいか、ハリーに聞くのでした。

もちろんハリーも大賛成です。

帰りの切符を捨て、仕事を探さなきゃと言うティムに、何がしたい?と聞くハリー。

ティムは言います。探偵かな?

その答えに、ピカチュウも喜んで鳴くのでした。

名探偵ピカチュウの感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

agata(@agata.document)がシェアした投稿

ポケモンたちと暮らす街が、とても楽しそうでした!

中身がおじさんなピカチュウも最初は違和感がありましたが、仕草やセリフに笑ってしまい、癒されます。

最後には、中身がおじさんの理由も分かってスッキリします!

ピカチュウや他のポケモンの可愛さに目が行ってしまいがちですが、物語も親子の絆がしっかり描かれていて、大人も子供も楽しめる作品だと思います。

自分が好きなポケモンを探しながら見るのも楽しいと思います。

名探偵ピカチュウのキャストは?

ピカチュウ役(声:ライアン・レイノルズ/日本語吹替版:西島秀俊)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryan Reynolds(@vancityreynolds)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

西島秀俊 Hidetoshi Nishijima(@h_nishijima_fanpage)がシェアした投稿

カナダでデビュー後、アメリカで活躍するライアン・レイノルズは肉体派俳優としても活躍しています。

大好きな作家は村上春樹さんだそうです。

日本語吹替版は、舞台挨拶の日にサプライズ発表された西島秀俊さん。

舞台挨拶では、ポケモンGOをしていたことを話していました。

ピカチュウの鳴き声は大谷育江さんが担当しています。

ティム・グッドマン役(ジャスティス・スミス/日本語吹替版:竹内涼真)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justice Smith(@standup4justice)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

竹内涼真(@takeuchi_ryoma)がシェアした投稿

本格的に芸能活動を始めたのは2014年のジャスティス・スミス、これからの活躍が期待されています。

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」で主要キャストとして出演しています。

本作が吹替初挑戦という竹内涼真さん、1シーンだけ出演もしていました。

ポケモンは小さい頃から見ていて、当時はミュウツーがすごく怖かったそうです。

ルーシー・スティーヴンス役(キャスリン・ニュートン/日本語吹替版:飯豊まりえ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

KATHRYN NEWTON(@kathrynnewton)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

飯豊まりえ(@marie_iitoyo)がシェアした投稿

若手女優のホープと言われているキャスリン・ニュートン、私生活ではゴルフが趣味なんだそうです。

飯豊まりえさんは、小学生のころからポケモンが大好きで、なんとこの映画の予告編を見ていた時に出演依頼があったそうです。

ヒデ・ヨシダ役(渡辺謙)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Watanabe Ken [渡辺謙](@watanabe_ken_)がシェアした投稿

ポケモン世代ではない渡辺謙さんですが、本作が実写であることと、過去のポケモン作品を参考にしないと聞き、オファーを受けたそうです。

新潟県出身ですが、熱狂的な阪神ファンとして知られています。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

「名探偵ピカチュウ」公式インスタグラム(@meitantei_pikachu)がシェアした投稿

ポケモン初のハリウッド進出映画、「名探偵ピカチュウ」のあらすじ、キャスト、感想について紹介しました。

ポケモンが好きな人はもちろん、見たことがない人も、ポケモンたちの世界へ是非一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

興味のある方は、どうぞご覧になってみてください。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

名探偵ピカチュウを無料で視聴|吹替や字幕付きで見る方法を紹介この記事では、名探偵ピカチュウを無料で見る方法にについてお伝えします。 DailymotionやPandoraなどの無料動画配信サイト...