ネタバレ

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けのあらすじネタバレと感想|豪華キャストも

この記事では、ハリウッド映画「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のあらすじネタバレと感想を紹介します。

世界中で大人気のスターウォーズシリーズの新三部作の完結編です。

監督の交代や撮影、公開日の延期、レイア役キャリー・フィッシャーの急逝にともなうプロットの変更など、多くの困難を乗り越えてついに2019年に公開されました。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けを無料で視聴|日本語字幕や吹き替えで見る方法を紹介この記事では、スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けを無料で見る方法についてお伝えします。 DailymotionやPandora...

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けの作品詳細情報

公開:2019年12月20日(全米公開2019年12月20日)

原題:Star Wars:The Rise Of Skywalker

上映時間:142分

監督:J・J・エイブラムス

製作:ルーカスフィルム/バッド・ロボット・プロダクションズ

出演:アダム・ドライバー/デイジー・リドリー/キャリー・フィッシャー/マーク・ハミル 他

全世界に衝撃を与えた伝説的第1作「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」から42年、ジョージ・ルーカス原作SFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」スカイウォーカー・サーガの本編第9作にして完結編となる超大作です。

前作から1年後、レジスタンスとファースト・オーダーの対決の行方、レイの出生の秘密、ダークサイドとライトサイドの間で揺れ動くカイロ・レン、そして黒幕の復活と見どころ満載、ファンにはたまらない一本です。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けのあらすじ

今は亡き銀河帝国の皇帝だったパルパティーンの言葉に従い、ファースト・オーダーの最高指揮者となったカイロ・レンは火山の惑星ムスタファー向かっていました。

そこにはかつてダース・ベイダーの城があり、その跡地で古代の化学技術を駆使して作られたウェイファインダーと呼ばれるシスのナビゲーターを手に入れます。

これを使いカイロ・レンは星図に載っていない銀河系未知の領域のさらに奥深くにある惑星エクセゴルへ向かいます。

やがて黒い岩が一面に広がる惑星エクセゴルに着いたカイロ・レンは、古いシスの寺院で約30年前のエンドアの戦いで敗れクローンの体に自身の魂を宿し生き延びていたパルパティーンを見つけます。

パルパティーンの肉体は不完全で生命維持装置につながれていましたが、裏でファースト・オーダーを操り、カイロ・レンをダークサイドへ誘うための操り人形としてスノークを作り上げていたのです。

また、パルパティーンは、長い年月をかけて極秘に建造を進めていた単体で惑星を破壊できる兵器を搭載したジストン級のスター・デストロイヤーの大艦隊「ファイナル・オーダー」の存在をカイロ・レンに伝えます。

パルパティーンはさらに、カイロ・レンにレイを殺すよう命じます。

その際に、大艦隊「ファイナル・オーダー」の指揮権をカイロ・レンに与えると約束しました。

その頃、クレイトの戦いを生き延びた10数名のレジスタンスは、さらに仲間を増やすため、惑星エイジャン・クロスのクロスランズと名付けられた地域に秘密基地を置いていました。

レイはジェダイの道を極めるために日々特訓に励んでいました。

前の戦いで師であるルーク・スカイウォーカーをなくしたレイにとって、かつて彼がいた惑星オクト―のジェダイの木に収められていた8冊のジェダイ聖典が知識を得るために必要な書物でした。

この聖典は、数千年の間に多くのジェダイによって加筆され、ルークが銀河中を旅して集めたものです。

レイはそれを読み、銀河系の闇の奥にシスの星があることを知ります。

その聖典から、シスのウェイファインダーがあれば、惑星エクセゴルに行くことができることを知ります。

同じころ、フィンとポー・ダメロンは、ファースト・オーダー内部のレジスタンス側のスパイから「パルパティーンは生きている」という情報を得ます。

それを知ったレジスタンスは急ぎ行動しなければなりません。

そこでレイアは、「惑星パセーナの協力者が手助けをしてくれるだろう」と打ち明けます。

それを聞いたレイ、フィン、ポー、チューバッカ、BB-8、C-3POの6人はミレニアム・ファルコンで惑星パセーナへ出発します。

砂漠の惑星パセーナで6人は、ランド・カルリジアンに出会います。

ランドはシスのウェイファインダーがありそうな場所を指摘します。

カイロ・レンもフォースのつながりからレイの居場所を突き止め、レン騎士団とともに惑星パセーナへ向かいます。

レイたち6人は、ランド助言から、殺人者オーチの残した彼の宇宙船とドロイド(D-O)、そしてシスの言葉が書かれているダガーナイフを見つけました。

ナイフには、ウェイファインダーのありかが書かれていました。

シスの言葉は、C-3POには理解できたが、シスの言語の翻訳はプログラムがロックされており、解除しなければ読むことができません。

その時レイは、カイロ・レンがそばにいることを察し彼と対決することにしました。

レイがみんなから離れている間に、ミレニアム・ファルコン号とチューバッカ、シスのダガーナイフがファースト・オーダーの手に落ちてしまいます。

レイは、誤ってチューバッカが乗っていると思われるファースト・オーダーの輸送船をフォース・ライトニングで破壊してしまいます。

チューバッカが死んでしまったと思ったレイたちは、急ぎオーチの宇宙船で惑星パサーナを脱出します。

ポーはC-3POの記憶装置に残っているシスの文章を引き出すため、雪の惑星キジーミへ行くことを提案します。

一路惑星キジーミへ向かったレイたち一行は、C-3POの記憶から文章を解読することに成功しますが、その代償としてC-3POの過去の記憶が全て消去されてしまいます。

シスのウェイファインダーは、現在惑星エンドアの衛星ケフ・ビァにあることがわかりました。

すぐに向かおうとしますが、レイがその時チューバッカが生きていることを感じたため、一行はチューバッカを助けに行くことにします。

カイロ・レンが惑星キジーミでレイを探している間に、一行は上空のファースト・オーダーのスター・デストロイヤーに侵入していました。

チューバッカはスター・デストロイヤーに捕まっていたのです。

侵入には、ポーの古い知り合いの女性ゾーリ・ブリスが協力してくれます。

無事にスター・デストロイヤーに侵入したレイは、内部でダガーナイフを発見し取り戻しますが、ナイフに触れた瞬間、かつて両親がナイフで殺害されるビジョンを見てしまいます。

惑星キジーミからレイを追ってカイロ・レンもまたスター・デストロイヤーに来ていました。

そしてレイとカイロ・レンはまたしても再会、対立しますが、その際カイロ・レンは「お前は皇帝の孫娘、名前はレイ・パルパティーンだ」とレイに衝撃の事実を告げます。

レイは驚き狼狽しますが、なんとかカイロ・レンを退け、スター・デストロイヤーからの脱出を試みます。

その頃、ポーとフィンはファースト・オーダーの罠にはまり捕まってしまい、チューバッカとともに処刑されそうになっていました。

そこをファースト・オーダーのハックス将軍に助けられます。

ハックス将軍は「自分こそがレジスタンスのスパイである」と明かします。

ハックス将軍の手助けにより、レイたちは、スター・デストロイヤーから無事脱出することができました。

しかしハックス将軍は、レイたちがミレニアム・ファルコン号で脱出したのを見届けたのち、プライド元帥に処刑されてしまいます。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末を知りたくない場合は飛ばしてください。

レイたち一行は、惑星エンドアの衛星ケフ・ビァに到着します。

そこでフィンと同じくファースト・オーダーの元ストームトルーパーで、今はレジスタンスの同調者であるジャナと出会います。

レイは海に横たわるデス・スターの残骸にウェイファインダーがあることを突き止めます。

ジャナはデス・スターの残骸に渡る船を提供してくれました。

無事にデス・スターの残骸でウェイファインダーをレイたちは見つめます。

しかしそんなレイたちの前に、またしてもカイロ・レンが現れます。

カイロ・レンもまたレイたちを追って、ケフ・ビァに来ていたのです。

カイロ・レンはレイの隙をつき、ウェイファインダーを奪うとあろうことかその場で破壊してしまいます。

驚くレイに向かってカイロ・レンは「パルパティーンを倒す手助けをしてほしい」と言います。

その頃レイアは死の床にありました。

カイロ・レンの言葉に耳を貸さなかったレイは、彼と闘い始めます。

その闘いの最中、レイアはフォースの力でカイロ・レンを呼び息を引き取ります。

カイロ・レンはそれに気を取られてしまい、隙ができレイに刺されてしまいます。

レイアの死を知ったレイは、フォースでカイロ・レンの傷を治し、自分はカイロ・レンの戦闘機TIEウィスパーを使って生前のルークと同じように惑星オク=トーに身を潜めます。

カイロ・レンを刺してしまった上に、このままパルパティーンを殺したら、自分もダークサイドに堕ちてしまうのではとレイは恐れていました。

そんなレイに霊体となったルークが現れ、彼女を諭します。

ルークは、レイにレイアのライトセーバーを託し、自身のライトセーバーとレイアのライトセーバーの2つを携えてパルパティーンと闘うよう話します。

ルークの言葉によってレイは自分を取り戻します。

そしてルークは自身がオク=トーへ乗ってきた後、海底に隠したXウイング「レッド5」をフォースの力で引き揚げ、レイに渡します。

そしてレイは大破したTIEウィスパーから破壊されたはずのウェイファインダーを見つけます。

カイロ・レンはウェイファインダーを破壊したように見せただけで本当は破壊していませんでした。

ウェイファインダーを手に入れたレイは、ルークのレッド5に搭乗しエクセゴルに向かいます。

その頃レイに敗北したカイロ・レンは、失意の中父親のハン・ソロの幻影と出会います。

カイロ・レンは、ハン・ソロに説得され自らのライトセーバーを海に投げ捨て、ベン・ソロとしての本当の自分を取り戻します。

レジスタンスの基地では、R2-D2がC-3POの記憶を回復させることに成功し、レイが残したエクセゴルへの座標を手に入れます。

その座標を頼りに、レジスタンス全軍がエクセゴルへ向かいます。

そこでは、先にエクセゴルに到着していたレイがパルパティーンと闘っていました。

カイロ・レンことベン・ソロがダークサイドから離反したため今度はレイをダークサイドに引き込もうと企み、シスの掟にのっとり自らを殺すようにけしかけていたのです。

パルパティーンの策略と挑発にのってしまったレイは、パルパティーンと闘ってしまいます。

その上空では、レジスタンスの軍とプライド元帥が指揮するファイナル・オーダーの大艦隊との激しい戦闘が繰り広げていました。

しかし数で劣るレジスタンスは劣勢でしたが、絶望的な状況の中、ランドが大勢の援軍を引き連れて戻ってきます。

その援軍によって体勢を立て直したレジスタンスは、ジストン級スター・デストロイヤーの弱点をついて、徐々にファイナル・オーダーを圧倒し始めます。

ベンもまたレイを助けるため到着し、レイからライトセーバーを受け取るとレン騎士団を倒します。

レイとベンから凄まじいフォースの力を感じたパルパティーンは、彼らのフォースを吸い取り、自身の力を取り戻します。

力の戻ったパルパティーンは、レジスタンスの艦隊をより勢いが増したフォースライトニングで攻撃します。

最後の力でパルパティーンに抵抗しようとしたベンでしたが、返り討ちにあい地の底に叩き落とされてしまいます。

レイもまた弱っていましたが、過去のジェダイたちの声を聴き、力を取り戻します。

立ち上がったレイにパルパティーンは、フォースの稲妻で攻撃しますが、レイは、ルークとレイアのライトセーバーで受け止め、ついにパルパティーンを倒します。

しかしレイはそこで力尽きてしまいます。

地の底から這い上がってきたベンは、自分のフォースをレイに与え蘇生させます。

息を吹き返したレイは、ベンを認めると抱きしめてキスをしますが、ベンはそのまま絶命してしまいます。

絶命したベンは、レイアの霊体と同時にフォースと1つになって肉体を消滅させます。

その後パルパティーンを失ったファースト・オーダーは、銀河のあちこちでレジスタンスに敗れていき、ついにファースト・オーダー全軍が壊滅しました。

闘いに勝利したレジスタンスは、とある惑星に集結し勝利を祝っています。

レイもレッド5でその惑星に行き傷だらけながら、フィンやポーたちと再会を喜びます。

レジスタンスと勝利を喜んだあと、レイはBB-8と共に惑星タトゥイーンにある、ルーク・スカイウォーカーが育った場所であるラーズ夫妻の住居跡を訪れます。

レイは自分のライトセーバーは持ち、レイアとルークのライトセーバーは住居跡の敷地に埋めました。

その時たまたま通りがかった老婆に名を聞かれたレイは、ルークとレイアの霊体が見守る中、「レイ・スカイウォーカー」と名乗り、物語は幕を閉じます。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けの感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちな(@c_oo_n)がシェアした投稿


スターウォーズ新三部作の完結編として納得の一本です。

レイとカイロ・レンの苦悩、葛藤から魅せる人間ドラマも見ごたえがあり、旧作をオマージュした場面や展開の数々、死者も含め過去のキャラを多数復活させる、膨大な内容が違和感なくまとめあげられています。

監督のJ・J・エイブラムスの手腕に脱帽しました。

個人的にルークがXウイングを海底から引き揚げ、レイに託す場面は涙がでるぐらい感動しました。

このような過去とつながる展開、受け継がれる思いは、シリーズものの醍醐味です。

スターウォーズを見たことある人でしたら、ぜひ見てほしい作品です。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けのキャストは?

カイロ・レン役(アダム・ドライバー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

クラファン開始!SF-Dining&Bar 新宿FLUX(@shinjukuflux)がシェアした投稿


カイロ・レン役のアダム・ドライバーは、カリフォルニア州出身です。

アメリカ同時多発テロをきっかけに海兵隊に入隊していますが、ケガをきっかけに退役し、演劇を学びテレビドラマのボーイフレンド役で話題を呼び、エミー賞にもノミネートされます。

その後は映画にも多数出演し数々の映画賞にノミネートされるなど、実力派俳優として知られています。

本作でカイロ・レン役を演じ人気を不動のものにしました。

レイ役(デイジー・リドリー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

yushi.yamashita(@yushi.yamashita)がシェアした投稿


ロンドン出身のデイジー・リドリーは5人兄弟の末っ子として生まれました。

映画、テレビだけでなくミュージックビデオにも出演しています。

2015年公開の「スターウォーズ フォースの覚醒」でレイ役に抜擢され一躍時の人となりました。

本作では、自分の出生の秘密や運命に翻弄される、レイを見事に演じきりました。

本作公開後、スターウォーズシリーズからの卒業を発表しました。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けを無料で視聴|日本語字幕や吹き替えで見る方法を紹介この記事では、スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けを無料で見る方法についてお伝えします。 DailymotionやPandora...

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Atsuko Watanabe(@akko.mao0514)がシェアした投稿


ハリウッド映画「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のあらすじについて紹介しました。

物語も素晴らしいですが、音楽、VFXも見ごたえがあり映画をさらに盛り上げています。

スターウォーズファンではない人でも映画として十分楽しめる作品です。

興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。