ネタバレ

塔の上のラプンツェルのあらすじネタバレと感想|キャラクター紹介も

この記事では、「塔の上のラプンツェル」のあらすじとネタバレ、魅力的なキャラクターについて紹介します。

黄金の髪を持つラプンツェルと指名手配中の大泥棒フリン・ライダーが繰り広げる冒険は、どこか懐かしくも新しい作品に仕上がっています。

「ディズニー・プリンセス」映画が好きな方も、初めて見る方にも、楽しんでいただける作品です。

塔の上のラプンツェルのフル動画(日本語字幕/吹き替え)|DailymotionやPandoraでもこの記事では、塔の上のラプンツェルを無料で見る方法にについてお伝えします。 DailymotionやPandoraなどの無料動画配信サ...

塔の上のラプンツェルの作品詳細情報

公開:2011年3月12日(全米公開:2010年11月24日)

原題:Tangled

上映時間:100分

監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード

製作:ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

声の出演:マンディ・ムーア(中川翔子)、ザッカリー・リーヴァイ(畠中洋)、ドナ・マーフィー(剣幸)

「塔の上のラプンツェル」は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが手掛ける、50作品目の長編アニメーション映画となっています。

原作はグリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』。

ディズニー映画らしい幻想的な物語と作品を彩る名曲の数々は、「ディズニー・プリンセス」映画の中でも高い人気を誇っています。

塔の上のラプンツェルのあらすじ

この物語は、太陽から始まります。

昔むかし、一粒の太陽のしずくが天から落ち、その小さなしずくから神秘的な「黄金の花」が咲きました。

黄金の花はどんな病気や怪我も治し、永遠の若さをも手にすることができる「魔法の花」でした。

 

それから数世紀が経ち、黄金の花が咲いた場所には王国が築かれました。

王様と王妃様は国民から慕われていましたが、ある日、王妃様は出産を前に重い病に倒れます。

王国の人々は、王妃を救うため、どんな病でも治すことができる「黄金の花」を探す旅に出ます。

 

一方、魔女のゴーテルは人々よりも先に魔法の花を見つけており、花の魔法の力を使って、若さを保っていました。

しかし、ひょんなことから、花は王国の衛兵に見つかり、奪われてしまいます。

 

魔法の花を煎じて飲んだ王妃はみるみるうちに、回復していきました。

王妃はやがて美しい黄金の髪を持つ王女を出産します。

この女の子が物語の主人公、ラプンツェルです。

 

ある日、永遠の若さを失ったゴーテルは、城に忍び込み、ラプンツェルを誘拐します。

ラプンツェルの黄金の髪には、魔法の力が宿っていました。

一度、髪を切ってしまうと魔法の力は失われてしまうため、ゴーテルは、森の奥深く、ひと目を避けるようにして、たたずむ「高い塔」にラプンツェルを閉じ込めます。

若さの魔法を誰にも触れられることなく、独占できるように…。

 

王女を失った王様と王妃様は悲しみにくれました。

そして、毎年ラプンツェルの誕生日に、ランタンを空に飛ばすことにしたのです。

連れ去られたラプンツェルが戻ることを祈りながら…。

 

18年が経ち、誕生日を前日に控えたラプンツェルには、ひとつの夢がありました。

それは「毎年、自分の誕生日に現れる無数の光」を間近で見ること。

しかしゴーテルはラプンツェルが塔から出ることを必死で止めます。

 

その頃、王国では、フリン・ライダーとスタビントン兄弟が王妃のティアラを盗み逃げていました。

フリン・ライダーはティアラを手に入れると、スタビントン兄弟を裏切り、1人ラプンツェルの住む塔に逃れます。

 

衛兵から逃れていただけのフリンでしたが、ラプンツェルにとってはゴーテル以外で出会う初めての人です。

ラプンツェルは、フリンに自分の誕生日に現れる無数の光を、間近で見せて欲しいとお願いをします。

そうして2人だけの冒険がスタートします。

 

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末が知りたくない場合は飛ばしてください。

 

初めて高い塔から外の世界に降り立ったラプンツェルにとって、起きること全てが新鮮なものでした。

旅の途中、指名手配中のフリンは王国の兵隊に追いかけられるといったハプニングの連続もありました。

そうした中、フリンはラプンツェルに自分の本当の名前はユージーン・フィッツハーバートだと打ち明けます。

またラプンツェルも、自分の髪には、特別な力が宿っていることをフリンに打ち明けます。

お互いの秘密を打ち明けたことで、2人の距離はどんどんと近づいていきます。

 

ラプンツェルの誕生日の晩、2人は王国に入ります。

そしてフリンは約束通り、ラプンツェルに、空に浮かぶ無数のランタンを見せます。

 

一方、塔からラプンツェルが消えたと知ったゴーテルは、フリンに復讐を企てるスタビントン兄弟と手を組み、フリンを連れ去り、牢屋に入れます。

ラプンツェルもまた、塔に戻されてしまいます。

そこで、ラプンツェルは、自分がゴーテルの子ではなく、王様の王妃様の間に生まれ、誘拐された少女であることに気づきます。

 

投獄されたフリンは牢屋を脱出し、ラプンツェルの住む塔へと向かいます。

フリンは高い塔を登り、ラプンツェルを救おうとした矢先にゴーテルによって、ナイフで刺されてしまいます。

ラプンツェルはフリンを助ける代わりに、これから先もゴーテルの側にいることをゴーテルと約束します。

しかしフリンはラプンツェルのことを思い、ラプンツェルの長い髪の毛を切り落とします。

髪が切れたことで、魔法の効力が切れたゴーテルはそのまま塔から真っ逆さまに落ちます。

 

ラプンツェルはフリンの傷口を押さえながら、「なんとかフリンを救えないか」と涙を流します。

その涙はフリンの傷口に落ち、最後の魔法の力でフリンは傷は治りました。

 

ラプンツェルは王様と王妃様のもとに戻りました。

そして2人は末永く幸せに暮らしたのです。

塔の上のラプンツェルをみての感想

「塔の上のラプンツェル」は、懐かしくも新しい作品に仕上がっています。

「塔の上のラプンツェル」の音楽を手掛けたアラン・メンケンは「美女と野獣」のテーマや「リトル・マーメイド」の「アンダー・ザ・シー」といった多くのディズニー映画の名曲を作った人。

ラプンツェルとフリンの二人が、空に浮かぶランタンを見ながら歌う「輝く未来」の場面は、映像の美しさはもちろん、歌詞の素晴らしさによって、一度みたら忘れられないほど、素敵なシーンになっています。

またラプンツェルは、『シンデレラ』のシンデレラや『美女と野獣』のベルといったこれまでディズニー・プリンセス同様、美しさと広い心を兼ね備えた少女ですが、長い髪を駆使したアクションを見せるなど強くて、格好良い一面も。

新しいプリンセス像をみせてくれるので、見ていて全く飽きることがないんです。

ディズニー映画らしい音楽と新しいキャラクターが混じり合ったことで、これまでのディズニー映画が好きな方も、初めてみる方にも楽しんでいただける作品になっています。

「塔の上のラプンツェル」のキャラクターは?

ラプンツェル(マンディ・ムーア/中川翔子)

森の奥深くの高い塔で暮らす一人の少女。

探究心と行動力を兼ね備えたラプンツェルは可愛くもカッコよくもありますよね。

トレードマークの黄金の髪は21メートルにもなるとか。

フリン・ライダー(ザッカリー・リーヴァイ/畠中洋)

王国から指名手配をうけている大泥棒。

フリン・ライダーのキャラクターを生み出すために、ディズニーの女性スタッフは「好きな俳優」の写真を持ち寄って、議論し合ったとか。

納得のイケメンキャラクターです。

マザー・ゴーテル(ドナ・マーフィー/剣幸)

魔法の力を利用するため、ラプンツェルを高い塔に閉じ込めていた魔女。

若さゆえの美貌を求め続けたゴーテルは、悪役ではありながらも切なさを感じさせるキャラクターになっています。

パスカル&マキシマス

ラプンツェルの唯一の友達の小さなカメレオンであるパスカル。

優れた嗅覚と知能を使って、大泥棒フリンを追いかける白馬のマキシマス。

「塔の上のラプンツェル」のその後を描いた短編映画、「ラプンツェルのウェディング」では、パスカルとマキシマスが大活躍します。

「ラプンツェルのウェディング」も面白い作品なので、是非、チェックしてみて下さい。

塔の上のラプンツェルのフル動画(日本語字幕/吹き替え)|DailymotionやPandoraでもこの記事では、塔の上のラプンツェルを無料で見る方法にについてお伝えします。 DailymotionやPandoraなどの無料動画配信サ...

まとめ

ディズニーアニメーション映画「塔の上のラプンツェル」のあらすじついて紹介しました。

アラン・メンケンが手掛ける名曲の数々と幻想的で美しい映像は、観ているだけで楽しい気持ちになれる作品となっています。

興味のある方は是非一度ご覧になってみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。