ネタバレ

しあわせの隠れ場所(実話)のあらすじと考察|キャストや実在のテューイ一家についても紹介

映画「しあわせの隠れ場所」は2010年に日本で公開されたアメリカ映画で、マイケル・オアーという実在するアメフト選手が主人公として描かれた人気タイトルです。

今回はその「しあわせの隠れ場所」の作品情報や、ネタバレを含むあらすじをこの記事で紹介していきます。

しあわせの隠れ場所のフル動画が無料|日本語吹き替えも字幕もDairymotionやPandoraでホームレスのような生活を送っていた青年が、アメリカン・フットボールのプロ選手へと開花する実話を映画化した感動の大ヒット作品です。 ...

しあわせの隠れ場所の作品情報

公開年月2010年2月27日(全米公開2009年11月20日)

原題The Blind Side

上映時間128分

監督ジョン・リー・ハンコック

製作:ティモシー・M・ボーン、モリー・スミス、アーウィン・ストフ

出演者サンドラ・ブロック、ティム・マグロウ

しあわせの隠れ場所のあらすじ

大柄な黒人の青年マイケル・オアーは、出生記録がなく年齢も不明でしたが、生活の面倒を見てもらっている家主からの推薦もあって特別にキリスト系の学校への入学が認められます。

マイケルは「ビッグ・マイク」というあだ名をつけられ、学校を生活をスタートさせますが、学力は著しく低く、人とコミュニケーションを取ることもなく感情を表に出さない性格から、周りに不審な目で見られるようになります。

ある日、学校の先生がマイクを呼んで、「父親が死んだ」ということを伝えますがその時でさえもマイクは悲しがったりすることはありません。

以下の文はネタバレを含みますので、内容を知りたくない方は読まないでください。

家がなく、ホームレスのような生活をしていたマイケルでしたが、クラスメイトの母親であるリー・アンに、夜道を一人で歩いているところを目撃され、放っておくことができなかった彼女は家にマイケルを連れて帰ります。

最初はリーや旦那のショーンはマイケルを一泊だけ泊めるつもりでしたが、放っておくことができず、引き続き家に住ませ食事や衣服を与えたのでした。

そして、いつしか本当の家族として彼に接するようになり、長女のコリンズも長男のS・Jも次第にマイケルのことが好きになっていきます。

しかし、彼にはまだまだ不明な点が多く、里親申請を出すにも身分証がなかったため、リーはマイケルの実の母親を訪ね、彼の本名や生い立ち、性格などを聞き出しついにマイケルは運転免許証を手に入れ正式にテューイ家の家族となります。

車も与えてもらい、S・Jと共に意気揚々とドライブへ出かけたマイケルでしたが事故を起こしてしまい、それは車が潰れるほどの衝撃でした。

幸運にも二人共大した怪我はなく、マイケルがとっさの判断でS・Jをかばったことが軽症で済んだ理由となったようです。

マイケルはその恵まれた体格を生かしてアメリカンフットボールを始めますが、ルールはほとんど知らなかったので、最初にうちはアメフトに詳しいS・Jにルールや練習法を教えてもらいながら二人三脚で練習に取り組んでいました。

マイケルは優しい性格であるため相手にタックルをする勇気が持てず、自分の能力を持て余していましが、リーから「チームは家族。あなたが守らなくてはいけない」という一言をきっかけに開花し、一躍スタープレイヤーとなります。

数多くの大学からオファーが来たマイケルでしたが、学業の成績がネックであったため卒業が危ぶまれていました。

家庭教師を雇うなどして猛勉強を開始したマイケルは徐々に成績を上げていき、最終的には小論文をも書けるようになり無事に卒業を果たし、あとは大学入学を待つだけという時期に入りますが、そんな中家に一本の電話が入ります。

それは学生スポーツ倫理委員会からの呼び出しで、マイケルは「リーとシェーンがミシシッピ大学の出身だから彼らの私利私欲を満たすために君を保護していたのではないか」と詰められます。

それによってリーやシェーンに不信感を抱いたマイケルはパニックになり、地元へと戻りますが、スラム街にいた昔からの知人に馬鹿にされ、喧嘩騒ぎを起こしてしまいました。

一人途方に暮れたマイケルはリーに電話し、コインランドリーまで来てもらうことにしました。

そこで彼は彼女の真意を確認し、倫理委員会にも自分の信念を貫くことで難を逃れました。

大学入学のための引越しの日、リーは強がって早々とマイケルを送って帰ろうとしますが、マイケルは彼女にハグを求め、これまでの感謝を示したのでした。

しあわせの隠れ場所の感想

 

View this post on Instagram

 

A post shared by CALVIN KING (@iamcalvinking) on

孤児で孤立した青年がアメリカンフットボール選手になるまでの感動作品です。

私はアメフトのルールをよく知らないでいたのですが、それでも映画の内容は十分に理解できましたし、まず映画の焦点はアメフトだけに当たっていないので詳しくない方でも十分に楽しめます。

感情を出すことが下手なマイケルが徐々に家族に心を開いていく家庭は見ていてほっこりしましたし、もちろん平和なまま物語が終わっていくのではなく、終盤に訪れる「事件」ではハラハラドキドキさせられました。

映画や小説ではラストになって「実はこいつが悪役だった」みたいな展開が求められがちですがこの映画にはそういう要素は必要ありませんでした。

なぜならマイケルにはその生い立ちや境遇そのものが人生において一つの「壁」になっていたからです。

試練を抱えた上で物語が始まるので、逆にそれ以上の負荷をかけられると見ていられなくなる危険性が出るので、そこのバランス感覚が上手いなと個人的に思いました。

しあわせの隠れ場所のキャスト

リー・アン・テューイ役(サンドラ・ブロック)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Sandra Bullock (@sandra.bullock.official) on

1964年7月26日生まれ

マイケルの里親役を演じたサンドラ・ブロックは作中で一際存在感を放っており、実質の主人公といっても差し支えないでしょう。

世界的な女優として活躍する彼女ですが、社会貢献活動にも積極的で、東日本大震災が起こった際も日本に100万ドルもの寄付を行い、プライベートでもリー・アンのような人物であることが伺えます。

マイケル・オアー役(クイントン・アーロン)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Quinton Aaron (@quintonaaron74) on

S. J・テューイ役(ジェイ・ヘッド)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kelsey Martin Photography(@kelseymartin_photography)がシェアした投稿

本作でのもう一つの見どころと言っても過言ではないのが、このジェイ・ヘッド演じるS.Jのおませさんぶりでしょう。

あざといまでの可愛らしさと頭の切れるキャラは、「ホーム・アーロン」シリーズのマコーレー・カルキン並です。

残念ながら子役としての年齢を抜けたあとは仕事に恵まれず、本作が彼最大のヒット作となっていますが、おかげでマコーレーのように薬物に侵されるようなこともなく、20代となった今も元気そうです。

コリンズ・テューイ役(リリー・コリンズ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lily Collins(@collinsupdatez)がシェアした投稿

父にミュージシャン、フィル・コリンズをもつ、今や数々の大作の主演を張る名女優のリリー・コリンズ。本作は今ほど売れる前の姿を見ることができる貴重な作品となっています。

しあわせの隠れ場所のフル動画が無料|日本語吹き替えも字幕もDairymotionやPandoraでホームレスのような生活を送っていた青年が、アメリカン・フットボールのプロ選手へと開花する実話を映画化した感動の大ヒット作品です。 ...

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Josh DeLarge(@joshglover1712)がシェアした投稿

モデルとなったマイケル・オアー選手は2020年現在、怪我の影響もありプレーはしていおりませんが、プロでの7年間のキャリアで名声と資産を手に入れ、ホームレス生活のどん底からの大成功を掴み取りました。

アメリカンドリームを形にしたようなマイケル・オアーの成功もさることながら、本作で注目しているのはそんな彼のアメリカン・ドリームを支えたテューイ一家の献身的な支えの凄さ。

▼実際のマイケルとテューイ一家▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

기록(@imsupermom_)がシェアした投稿

階級社会であり人種のるつぼであるアメリカでは、裕福な白人家庭が身寄りのない黒人の少年をなんの見返りもなく家に迎え入れることなどまずありえません。

そんな環境下で起きたこの家族の奇跡とも言えるストーリーに、全米が感動したのはいうまでもありません。

ちなみに実在のマイケルさんは、プロのアメフトプレイヤーとして大成功を収めた今も、テューイ一家と家族としての交流と続けており、家族のイベントは一緒に過ごされているんだとか。

▼コリンズさんの結婚式で▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

Leigh Anne Tuohy(@leighannetuohy)がシェアした投稿

最後まで読んでいただきありがとうございました。