ネタバレ

映画「バレンタインデー」のあらすじとネタバレラスト結末も|豪華キャストも紹介

今回は「バレンタインデー」のあらすじとネタバレ、そして豪華キャストをご紹介します。

恋人や夫婦、友達や親子など様々な形の愛情と人間ドラマが繰り広げられる素晴らしい映画です。

「バレンタインデー」の作品詳細情報

公開:2010年2月12日(全米公開2010年2月8日)

原題:Valentine’s Day

上映時間:125分

監督:ゲイリー・マーシャル

製作:マイク・カーツ / ウェイン・ライス

出演者:アシュトン・カッチャー / ジェシカ・アルバ / アン・ハサウェイ

「バレンタインデー」のあらすじ

バレンタイン当日の朝、リードは恋人のモーリーとベッドにいました。

先に起きていたリードは、静かにモーリーに近づき彼女が目を開けると「結婚しよう」とプロポーズし、見事OKをもらい有頂天です。

一方、スポーツ記者のキャロビンは興味のないバレンタインについての取材をするよう指示され、しぶしぶロサンゼルス花市場へ出かけていきました。

リードは「シエナ・ブーケ」という花屋に勤めており、仕入れで訪れていたロサンゼルス花市場でキャロビンにインタビューを受け、テレビに映ります。

店に戻ると、モーリーが財布を届けに来ましたが、彼女は指輪をしておらず婚約はしばらく秘密にしたいと告げます。

リードの親友ジュリアは小学校の教師をしており、医者でバツイチのハリソンと付き合っていましたが、バレンタイン当日は彼の出張で一緒に過ごせません。

その代わりに、とハリソンはハートのおもちゃをジュリアにプレゼントします。

そのことを知ったリードは、ハリソンの出張先に会いにいけばいいと彼女にアドバイスします。

ジュリアがハリソンに電話をかけると、ちょうど空港に着いたところだと言いましたが、彼はある一軒家の前で車を停め、結婚指輪をつけると中に入っていきました。

なんと彼には妻と子供がおり、ジュリアに嘘をついていたのです。

しばらくして、ハリソンはリードの店に行き、ジュリアと妻それぞれに贈るバラの花束を注文しました。リードは、彼がジュリアを裏切っていることに気付きます。

一方、リズとジェイソンは同じ会社の同僚です。今朝は二人でベッドにいましたが、ジェイソンの家を出たリズは電話で別の男性と会う約束をします。

今日がバレンタインデーだということをすっかり忘れていたジェイソンは、リズにデートを申し込むとOKをもらいます。

エドガーとエステルは結婚50周年を迎えた老夫婦ですが、今年もバレンタインデーをお祝いしようとお互いにプレゼントを贈り合います。

二人の孫エディソンは、毎年母親とバレンタインカードを手作りしていましたが、今年は母親が側におらず、二人は彼を心配していました。

エディソンは「シエナ・ブーケ」を訪れ、赤いバラ12本を自分の小学校に届けてほしいと注文します。

飛行機で隣り合わせになったホールデンとケイトは、ぐっすりと眠りについていましたが窓から差す光で目を覚ましました。

ホールデンは軍服姿のケイトにあれこれ質問し、彼とバレンタインデーを過ごすためだけに片道14時間かけて帰ろうとしていることを知ります。

アメフト選手のショーンは、彼の年齢と成績不振を理由に引退を囁かれており、マネージャーのカーラに連絡を取り対策を練ろうとします。

カーラは毎年「バレンタインデー大嫌いディナー」を開催していますが、今年の参加者がまだ0人です。友人のジュリアも今年はハリソンがいるため不参加とあり、焦りを感じます。

ショーンはカーラと広報担当のポーラと打ち合わせを行いますが、今がしおどきで引退を考えていると伝えます。

自分の身の振り方に悩んだショーンは運転に集中できず、シエナ・ブーケの車に追突しました。

シエナ・ブーケの車の後ろドアが壊れてしまい、積んでいた花や贈り物が路上にばらまかれてしまいます。

高校生のグレースは恋人アレックスと初めて結ばれるのを心待ちにしており、昼休みに彼女の家で待ち合わせをしていました。

先に着いたアレックスは、全裸でギター片手に彼女を待っていましたが母親が先に帰ってきてしまい、慌ててそのままの格好で外へ飛び出し、計画は失敗してしまいます。

ハリソンからの花束をジュリアに贈りに行ったリードは、彼に会いに行くのを中止するよう説得しますが、ジュリアは聞く耳を持ちませんでした。

自宅へ戻ったリードは、部屋で荷物をまとめ出ていこうとするモーリーと出くわします。結婚の準備ができていなかったモーリーは、別れを決断し指輪を返したのでした。

以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末が知りたくない場合は飛ばしてください。

その足で空港に向かったリードは、なんとかジュリアが搭乗する前に引き留めようと奔走します。

ハリソンが既婚者であることを知らせますが止めることはできず、彼女は飛行機に乗り込みハリソンに会いに行ってしまいました。

現地に着いたジュリアは彼の病院を訪れますが、ハリソンの姿はありません。

スタッフ曰く、ハリソンは妻と結婚15周年を迎え、今日も18時に「ビストロガーデン」を予約しているとのことでした。

それを聞いたジュリアは、ウェイトレスに扮し彼らの目の前に現れ、妻が二人の関係に勘づいたところで退場し、見事に報復を果たしたのです。

グレースは祖父母であるエドガーとエステルにアレックスとの出来事を話しました。

話を聞き昔を思い出したエステルは、思わず過去の浮気をエドガーに打ち明け謝りますが、エドガーはショックを受け、距離を置いてしまいます。

ショーンは記者会見を行うと、そこでゲイであることをカミングアウトしました。キャロビンが今後について質問すると、引退はしないと発表します。

リズはジェイソンとのディナーデートを楽しんでいましたが、電話がかかってきたため席を外します。電話の相手は、リズが副業で行っているアダルト電話サービスを利用している客だったのです。

すると追いかけてきたジェイソンに電話の内容を聞かれてしまい、全てを知った彼は受け入れられずその場から立ち去りました。

エドガーはエステルと一緒に来るはずだった野外映画に行きますが、当日券が売り切れてしまい、入場できずに困ってしまいます。

すると、一人で来ていたジェイソンがチケットを一枚譲ってくれました。彼もまた、リズと二人で来る予定だったのです。

映画を観ていると、エドガーはエステルが自分を探しに来たのを見つけます。二人はお互いを愛していると再確認し、抱き合ってキスをしました。

カーラは「バレンタイン大嫌いディナー」に誰も来ないと落胆していると、ジュリアが姿を見せました。

そして、バレンタインデーが嫌になった男女が次々とやって来て、そこにはキャロビンの姿もありました。

すると突然、エディソンが現れ「特別な人だから」とジュリアに花を渡します。

真剣な目をしたエディソンに、ジュリアは「特別な人を選ぶときは本当にその人か考えて選ばないと。今までただの友達だったと思っていた人が好きな人に変わったりする。」と諭しますが、彼女はそこで何かに気付きます。

ジュリアが車を走らせ向かった先は、リードのところでした。二人は照れながらキスをします。

エドガーとエステルの愛を見たジェイソンはリズの部屋を訪れ、彼女のありのままを全て受け入れると伝え、仲直りしました。

グレースは、ゆっくりと関係を進めていきたいとアレックスに伝えると、彼は「いつまでも愛している」と答えてくれました。

空港から戻ったホールデンは、ショーンの家へ行き彼に一輪の花を渡しました。

カーラはキャロビンの番組が終わると彼に近寄り、二人はキスをしました。

眠りについていたエディソンが目を覚ますと、そこにはずっと待っていた母親ケイトの姿がありました。エディソンは大喜びでケイトに抱きつきます。

リードとジュリアは再びゆっくりとキスをし、バレンタインの夜をゆっくりと味わったのでした。

「バレンタインデー」を観ての感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

retasu(@retasu.0624)がシェアした投稿

本作は登場人物が非常に多く、キャストも大変豪華です。

人々がバレンタインデーという1日をどのように過ごすのか、男性と女性それぞれの目線から描かれており、登場人物の年齢も幅広かったため単調にならず楽しめました。

恋愛だけでなく親子の絆にも触れていた点が印象的です。

この日のために14時間かけて帰国したケイトと、母親を心待ちにしていたエディソンの再会シーンには大変心を打たれました。

男女問わず楽しめる作品ですので、是非みなさんにご覧いただきたいと思います。

「バレンタインデー」の豪華キャスト

リード役(アシュトン・カッチャー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Welcome To Point Place(@thats70sdumbasses)がシェアした投稿

1998年にコメディシリーズ「ザット70’sショー」にて、本作にも登場したトファー・グレイスと共演し、人気を博しました。

また、プライベートでは「ザット70’sショー」で共演したミラ・クニスと2015年に結婚し、二人の子供に恵まれています。

 

ケイト役(ジュリア・ロバーツ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Julia Roberts(@juliaroberts)がシェアした投稿

1990年に「プリティ・ウーマン」でコールガールを演じると、これが彼女の当たり役となり、アカデミー賞にノミネートされました。

2001年には「エリン・ブロコビッチ」で同賞の主演女優賞を受賞しています。

ホールデン役(ブラッドリー・クーパー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bradley Cooper(@bradleycooper__original)がシェアした投稿

2009年「ハングオーバー!」で大ブレイクすると、同作でMTVムービー・アワードコメディ演技賞にノミネートされました。

また、2018年に「アリー/スター誕生」で主演兼初監督を務め、俳優そして監督として大変な称賛を受けました。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MNK(@nextminako)がシェアした投稿

今回は「バレンタインデー」のあらすじとネタバレ、そして豪華キャストをご紹介しました。

バレンタインデーに大切な人と見ていただきたい、愛を教えてくれる素敵な作品です。

最後までご覧いただきありがとうございました。